オリンピックときのこ家との距離感 パート2

先日お話をしたオリンピックの開会式。見ましたー!

えっと、今ぞろ目で今年34になるから、きのこ人生の中で8回はオリンピックを経験してるってことですよね?でも実は今までの記憶を辿ってみても、開会式をテレビで見た記憶がないです。。。オリンピックを見た記憶もうっすら。見てるはずなのですが、でもあまり意識していないと言うか、とにかくなんてひどい人間なんでしょう。。。
てなわけで、おさらいも含め、まだ生まれもしない1964年の東京オリンピックの開会式の映像をふと見てみました。
   

       
な、なんという洗練された行進!?縦横並び、足はそろい、無駄が無い!?素晴らしいですね。気持ちがいいですね。
前回の北京オリンピックはどのような感じだったのですか?やはり今回の開会式って、普通じゃなかったんですか??なんせジェームズ・ボンドですもんねえ。なんせ女王パラシュートで登場の巻ですもんねえ。ダニー・ボイル (Danny Boyle) 監督のアイル・オブ・ワンダー (Isles of Wonder)です!旦那きのこ、スーパーで彼を見かけたとか(笑)
   

そんなクイーンさんのお顔がたまにテレビに出た時、彼女はなんだかつれなかった。。。笑顔はなく、具合でも悪いんですか?大丈夫ですか?と言う印象でした。爪を触って下を向いている瞬間の映像などが流れて、つまらなそうにしている。など、ネット上では色々とそんな写真を利用してジョークも書かれていますが。記事を見ると喜んで映画の役を引き受けた事などが書かれてるし。真実は誰にもわかりません。人それぞれの想像のみです。
   
この東京オリンピックの映像を見た旦那きのこいわく、彼女はきっとこう言う、ぴしっとしたのを期待していたんじゃない?きっと今回の演出は異例すぎて時代についていけず困惑して。。。
   
なるほどそうかもしれない。86歳ですもん、あんなたくさんの光線が放たれて、爆音が4時間も流れるところに座ってヒップホップで踊るみんなを眺めて。。。ほんと大変ですよね。。。でもきっと日本の天皇陛下ご夫婦はずっと笑顔なんだろうなと思いましたが。
   
エニウェイ、テレビ見て感動しました。残念ながらまだ全部はYoutubeには出ていないみたいです。イギリスにいらっしゃる方はBBCのウェブサイトから見れるのですが。日本の方、こちらが始まりの部分。BBCからは残念ながらクイーン登場とこの始まりの部分の2つのみです。
   

   
あんなに大勢の人たちがボランティアで仕事の後や週末を利用して練習に励んで出来上がったあの瞬間。素敵でした。ウイリアムブレーク (William Blake) の詩をアイルランド、スコットランド、ウェールズ、そしてイングランドの地のお子たちが歌い、シェークスピア (Shakespeare) と緑で囲まれた素敵なイギリス田園が、産業革命により変化して行くところが始まりで、イギリスの文化をうまく使いながらイギリスの歴史をたどりつつストーリーを進めていく見事な流れ。
   
そしてMr.ビーン登場の部分も発見!指揮者の怒った顔!
   

これからもっといろんなクリップ出てくる事でしょう♪
   
いやー、でもやっぱり女王がパラシュートで降りて来たあの瞬間が一番最高だったと思う!あの演出でどれだけ国民に元気を与えた事か。(←しつこいですよね笑)
   

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s