旅日記フランス編☆3日目@ナンシー

今年中に完結できるか心配なほどスローに進むフランス日記2012。3日目、最後のナンシー滞在になってしまいました。
こんだけ街全体がアール・ヌヴォーを爆発させているこの街にナンシー派美術館 (Musée de l’École de Nancy) があるということで、散歩の目的地をそこに設定し、またふらふらと歩き出しました。

なんだか素敵なお家。。。またもやカーブ続きの美しさ。ガイドブックを開くとなんだか有名なおうちらしい。何という偶然。
   

ジョルジュ・ピエさんと言う建築家さんが自ら手がけた「ジョルジュ・ピエ邸」(Maison de Georges Biet) と書いてあります。そんな遭遇にびっくり!!
  

しっかり観光し、また歩き始めます。
  

目的地に到着しました!
   

ナンシー派のアールヌヴォーな生活感をかいま見る事が出来るこの美術館。(ていうか博物館ではないのか?)優美な曲線がやめられないとまらない状態です。

こんなピアノが似合うお家に住ませてくれる人と結婚したかった(笑)
   

こんな階段をロングのスカートの裾をちょいっと上げながら来客を迎えてみたかった。
   

こんな夢溢れる天井の下でナイフとフォークをカチカチ言わせながらお肉を食べたかった。
   

   
こんな窓から黒猫を抱きながら、子どもが遊ぶ姿を微笑ましく見ていたかった。
   

   
こんなベッドでその日の疲れをいやしたかった。
   

   
全て過去形ですが(笑)理想に生きる女と言うのは本当に恐いです。
   
さてさて、そんな白昼夢なまりこきのこは置いておいて。こんな素敵なイラストの本も展示されていました。実物はもっと夢が広がっているのですが、写真写りの都合により一部のみ。
   

   
そして奥の部屋に入ると。。。なんとまあ。。。
  

    

    
そしてどこまでも並ぶガラス細工。
   

   
後でリンクしたのですが、この美術館は、きのこランプで有名なエミール・ガレ (Émile Gallé) の作品がたくさん展示してありました。彼はナンシー派の中心人物の一人。名前と横文字に弱いまりこきのこです。こんだけの作品を見て感動しておきながら、この美術館が彼と深い関わりがあったなんて知ったのはもちろん旅が終わってから。。。素敵と思った作品の作者名を写真で撮っていました。もちろんそれはガレの名前。。。その時は何も考えずに撮ってるんですよ。なんて中身のない人間。。。
   
でもでもだったらなんであのきのこランプはなかったのでしょう。きのこランプに気がつかないわけはありません。そんなのみたらきっと今日はここに泊まるって言い張ってたと思います。どこかの展示会へ出張していたのでしょうか、もしそうだとしたらとても残念です。。。やはり日頃の行いが悪いと類も友は呼べないのでしょうか(涙)また行く理由が出来ました♪
   

   
ステンドグラスは博物館中に広がり続きます。。。
   

床も壁も模様だらけ。
   

   
フェアリーも飛び出してきそうです。
   

   
館内を舐め回し、今度はお庭の見物。運良く晴天に恵まれわくわくどきどきの探検です!


   
??なんだこの博士がいそうな建物は!?
   

   
見張りのおばちゃん曰く、元々水族館だったとか。わおー。でも今は閉館し、地下に少し水がたまった池のようなものがあるだけ。おばちゃん特別にドアを閉めて素敵なものを見せてくれました。これで熱帯魚とか見たらほんと夜は興奮して寝れません。


   
そんなおばちゃんに、
   
「いいわね、こんな素敵なところで毎日働けるなんて」  
って言ったら、おばちゃんは
   
「まあねえ。」
と声を潜めて
   
「でもねえ、あまりお金もらえないのよお」
と嘆いていました。
  
やはりお国柄は違っても同じ大人です。おばちゃん、夢と現実は違います。お互いがんばりましょう。
   
   
奥へ進むと不思議な建物。なんだか鬼が島の鬼退治に行く時のドアのようです。
   

   
すっかり長居してしまった豪邸とも別れを告げ、更に散歩道をたどります。偶然見つけた素敵なピエさん邸。ガイドブックによるとマジョレル邸と言うルイ・マジョレル (Villa Majorelle) さんの家があると言う事で、そこに目的地を設定しました。そしてまだまだ夢の街は広がります。。。
     

  
見てください、この貝殻のような屋根。
   
 
   
あったー!写真と同じ入り口だわ(笑)あ、奥に見えるのはただの教会ですよ。
  

   
中に入るとお金をとられるようだったので、時間も押していたし、とりあえず一周まわってみようと言う事でただ見学。
   

   

   
何とも言えない豪邸観察に大満足。とりあえず今日の観光は終了です。疲れをいやすために大きいマジパンバージョンのケーキを平らげました。フランスのお菓子は甘いです。でもおいしかったー。
   

   

   
気がつくと夜の写真がありません!!ナンシー最後の夕食と言う事で、テレビでも紹介されていたレクセルシオール (L’Excelsior) と言う、レストランへ行きました。お手頃とか書いてあったけどきのこ家には手がでません!財布とにらめっこしながらドキドキのオーダーです(笑)素敵な内装とお料理に、なんだか夢のようなひとときでした。
  

旅日記フランス編☆2日目@ナンシー

旅日記フランス編☆1日目@ナンシー

Advertisements

旅日記フランス編☆2日目@ナンシー

今回の旅の目的は、観光はもちろんでも疲れた体を癒すと言う目的。数年前にドイツへ行った時に、詰め込みすぎてなんだか毎日せっせせっせと観光地をまわった日々。結果、毎日あーだこーだと喧嘩の日々。それに学んで私たちには一カ所に数日滞在し、気の向くままにふらりふらりの旅の方が合っているんだなと。

朝はだらだらと起きたい時に起きて。気の向くままに行動。雨ぽつぽつだった初日とは違い晴天に恵まれた2日目。朝ご飯を求めていざ出陣!
   
0501
   
0502
   
旦那きのこ、持ってきたダイアナカメラでせっせと写真撮影。
   
0503
   
カリエール広場を抜けた所にマーケットとガイドブックに書いてあったので、そこでバゲット買って晴天の下で食べてもいいよねえとその場所へ行ってみたものの、残念ながら平日にはやってないみたいで何もなし。
カリエール広場の表にいる天使のはず?でも私にはこき使われて目が回ったお魚に乗っておてもやん踊ってるお子に見えてしまう。。。
   
0504
   
    
気を取り直し、カフェ散策!
   
0505
   
町がかわいい!
   
0506
    
待ちくたびれたのねえ。やっぱり田舎はいい!ご主人、きっと犬を連れて来た事すら忘れて楽しいゆらりのひとときをたのしんでるんだわ。
   
0507
   

結局立ちよりたいカフェが見つからず、ホテルを挟んで反対側もぶらぶらしたかったので、パン屋さんでバゲット買ってとりあえずホテルで食べようと言う事に(笑)

おなかもいっぱい、線路を超えて今度は反対側へ。
  
0508
   
フランスと言えばマカロン。ごめんねママきのこ。日本に送るにはちょっと「ふれじゃいる」すぎるので、写真でガマンして(笑)
   
0509
   
とにかく一昔前にタイムスリップしたかのような町並。道を歩くだけでもうストレス大発散。こんな家に普通にみんな住んでるなんて信じられない。。。
   
0510
  
0511
   
0512
   
ナンシー人はみんな日常的に普通にこんなドアを開けてあの中に入って行くんだわ。。。(←ジェラシー)
   
0513
   
0514
   
0515
      
見てください。この女性的素敵なカーブ。アールヌヴォー万歳!
   
0517
   
今回ホテル選びは失敗だったんですよねえ。予約ぎりぎりすぎて、選択肢が残っていませんでした。駅から近く、便利はいいんですが。いっその事、こんな看板のホテルに泊まってタイムスリップしたかった。。。
   
0519
   
0520
   
地図を見ると近くに公園があるらしく、癒されに緑を求めてさまよいます。。。

なんて素敵な色なんでしょう。と思って食べると毒ぶどうだったりするんですかねえ(笑)
   
0521
   
広場では学校の授業でお子たちが楽しく先生とアクティブしてました。かわいい!みんなルールがわかってなくて。多分ボールを持って走っちゃダメなのについ普通走ってる女の子。それを見て先生が笛を吹きながら追いかけて(笑)ボールが飛びすぎて変なところに行ったり。いろいろなハプニング、見てて楽しい。
   
0522
   
0523
   
旦那きのこ、太陽の下でアイスコーヒーが飲みたくなり、公園の中にある売店兼カフェらしきところへ。素敵なレトロメリーゴーランドがありました。動いていなくて残念。
   
0525
   
0526
   
コーヒー片手にベンチへ。でも開けてみると。。。またまた旦那きのこのフランス語で出て来たのはコーヒーフローズン!写真、ストローがまっすぐ突き刺さってるのわかります?確かに雪結晶マークが。あはは、残念。でも甘くておいしくって私はどんどん食い荒らしてゆく。。。(笑)
   
0527
   
おてんとさんとシュガーに恵まれ、非常にご機嫌なまりこきのこ。 
   
0524
    
ディナー前にスタニスラス広場で写真を撮りたいとの事で、またホテルを超えて反対側へ戻る。なんでも中世期の旧市街と、16世紀から17世紀にかけての新市街の統一のために設計された都市計画の中心がこの広場だそう。
   
0528
   
ロココ様式の金と黒の鉄柵や門構えが繊細で、そして太陽の光を反射します。 
   
0529
   
0530
   
0531
   
0532
   
オープンカフェで一休みして、オープンバーで食事前の一杯。夕ご飯は迷いに迷い、シーフードのフレンチレストランへ。そしてホテルへもどりました。そんな日の最後に写っていた謎の一枚。
これは一体どこのトイレだろう。もちろん私ではないです、撮ったのは(笑)
   
0533
   
   
旅日記フランス編☆1日目@ナンシー
   
   

旅日記フランス編 ☆1日目@ナンシー

なかなか旅日記を綴る機会を持てないでいます。そうです。レイジーです。でも少しずつ綴って行きたいと思います。。。
   
計7日間の旅でした。今回は旦那きのこの誕生日を夢のパリで過ごすと言うのが目的でした。このイギリス人、なんと隣国なのにフランスへ行った事がないと言う変な人。というのも、たいていのイギリス人と言うのは週末をパリで過ごしたり、夏は南フランスでホリデイを過ごしたりなのです。イギリスへ留学に来る外国人だってやっぱり最初に行くヨーロッパ旅行って言えば、ユーロスター (Eurostar) に乗ってパリかブリュッセルと言うのがお決まりのコース。そんな初級な旅を見事に外してきてしまった彼。
   
「最愛の人とパリに行くのが夢だったんだ」
   
と、旅行の話になる度に候補に出てくるパリさん。そして耳を塞ぎ続けてきたまりこきのこ。なぜなら渡英前にばばきのこと、そして渡英後にはママきのこと、そして親友と、そして仕事でも、何度かあの地に足を踏み入れているのです。そして未だにパリと言う街が好きになれず、だったらスペインのマドリッドとかバルセロナの方が楽しい!と言う感じ。
   
でも今回は30代最後の旦那きのこの貴重な誕生日。パリに行った事がない、だなんてイギリス人40の男が言うのもかっこ悪い。。。せめて40に足を踏み入れる前にバージンをおさらばさせてあげたい。
   
そんなまりこきのこの皮肉ったらしい好意で(笑)久々の2人のホリデイはフランス旅行に決まりました。
  
どうせならもう一町訪れようよ!と言う事で選んだのがナンシー (Nancy)。4日に出発してナンシーに滞在し、誕生日はパリで過ごしたいと言うから7日木曜日にパリへ戻る途中、何なら通り道のエペルネー (Epernay) に寄って、モエ・エ・シャンドン (Moët et Chandon) のセラーを見学して朝からシャンペーンでバースデー乾杯をしてからパリ入りしよう。と言う事になりました。なんて贅沢な。
  
日曜のチケットが高めだったので帰りは月曜の早朝にロンドンへ戻り、そのまま会社へ直行のプラン。。。きっと大丈夫なはずと信じて。。。
  
セントパンクロス (St Pancras) からユーロスターに乗ります。

501

502

ドーバー海峡を通るのでロンドンを出発して結構すぐに長い暗闇が続きます。トンネルを抜けるとそこはフランス。残念ながらお天気はイマイチ。

2時間ちょっとでパリの北駅 (Gare de Nord) へ到着。1時間時計を進めてと。でもゆっくりしている暇はありません。この日はそのままナンシーへ直行です。あらかじめグーグルで調べておいた道並を急いで歩く事15分。東駅 (Gare de l’est) へ到着。

国鉄に乗って更に東へ2時間ほど進みます。

503

ナンシーに到着!シャワーな雨の中駅の近くのホテルへ直行。おなかも空いてきてディナーのため、さっそく中心地へ。
おっとっと、その前に、早くもおもしろ物体を発見。中心地への入り口の門の前にありました。フィッシュレンズみたいで面白い♪

504

中心にあるスタニスラス広場 (Place Stanislas) へ。ここでも例の物体発見。

505
  
一体何のために国を超えたんだ!?

506
  
広場にあるアート。右側の足長椅子に注目!

507
  
日も暮れて来たのでそろそろレストランへ。ぶらぶら歩いた結果、こちらのレストランに決定!とても素敵なメルヘンちっくな不思議の国チックなお店です。こんばんは〜、何人ですか?と聞かれ、かじったフランス語で必死に返答しようとする旦那きのこ。2人とフランス語で言うとなぜか4人席へ案内され、ナイフとフォークが3人分!?
  
。。。ちょっとあんた、今3人って行ったんじゃない?なんか一個多いよ??
  
「し、しまったー。アンの次はもちろんダゥー。トゥアーだなんて何を言ってるんだ、長旅で頭が働かない。」
   
と早速始めからずっこけまくるかっこわるい相方。

508
   
こちらチーズフォンドユー専門店。スイスじゃないんですけどね。(笑)家で何度か、なんちゃってはやった事がありますが、本場を食べるのは初めて!感動!!チーズがのびるのびる(笑)
   
510
   
そしておフランスの本場のワイン。今日は明日に備えてハーフサイズのボトル。
   
509
   
おなかもいっぱい。明日から観光の日々が始まる。しっかり寝て明日に備えましょう♪
(↓懲りない、飽きない私たち笑)
   
511
   
   
   

早朝に戻りました!

フランス1週間の旅よりもどりましたまりこきのこです。おととい月曜朝、6時43分のユーロスターでキングスクロス (Kings Cross) にあるセントパンクラス駅 (St Pancras Station) に戻り、旦那は行きよりも重くなったスーツケースと、私は行きよりも増えた手荷物を持ちそのまま地下鉄に乗って会社へ。。。はい、きのこ家はアホです。もちろん仕事中は死んでました。重力に勝てない感じで(笑)
  
今回は、ナンシー (Nancy) とエペルネー (Eperney)、そしてパリ (Paris) を訪れました。一昨年仕事でパリへ行ったのが一番最近でしたが、パリは行く度に好きになれない街でした。なんか暗くて、英語しゃべれるのにしゃべらないし(笑)
  
今回はうちの彼の誕生日を彼の初パリで過ごす事が一番の目的でした。結果、パリが好きになりました。たくさんの隠れた魅力、多分20代の頃よりも目が肥えたのか(笑)とにかく私の目にパリが違って見えたんです。
  
ということで、写真の整理が出来たら少しずつ旅日記を書きたいと思います。
  
そんなわけでフレンチの好きな曲をひとつ選曲。
  

  
今日はそんな元気はつらつな曲を聴きながら、作成したレシピ試作挑戦の日だったので家で仕事でした。一日中料理はつらいです。シェフのみなさんを尊敬します。ストゥージズ (The Stooges) Tシャツでイギー (Iggy) にパワーをもらい、気合いを入れながらどうにか終了。。。
  
後2日なので何とかなるでしょう。。。