テーク・イット・イージーですね。

テンションがあがる金曜日ですねえ。みなさんはどんな週末を過ごすんだろう。

ロンドンはなんだか帰り道空が怪しげになってきて、はい、やっぱ降りました。雨。なんかいいタイミングです、心のお洗濯!

最近なんだかしっくり来ない。
何となく嫌な部分に気づいていて好きになれない。
忙しすぎて、向かい合う時間も無くとにかく無我夢中。
そして不安になる日々。

いかんいかん、ネガティブ攻撃だあ!!

思考ってやだなあ。でもまりこきのこは常に頭の中で何かを考えているような気がします。焦ってるのかなあ。

やっぱこんな感じがいいのかなあ。

こんな感じでいいんかなあ。

金曜日と言えばピザ。後輩が載せていたピザの写真にすっかり心を奪われ、きのこ家もピザにすることにしました。パン焼き機さんの登場です。練ってもらって後は好きなものを載せてオーブンさんに焼いてもらうだけ。
なすとモッツアレラチーズ。オレガノを振りかけて。

チョリソとゴートチーズ。チリをちりばめて。

もちろんマッシュルームは両方に。オニオンとガーリックで攻撃だあ!

え?形が微妙ですって?そんな型にはまった人生つまらないです。自分らしく行こう!

働いてる人も、お休みの人も素敵な週末を☆

Advertisements

マジカルなHFF夜

先々週末は旦那きのこも企画に参加し、がんばっていたハックニーフィルムフェスティバル (HFF) がいよいよ開催されました。
金曜の夜にオープニングのイベント。土曜と日曜のお昼にスクリーニングがあり、土曜の夜は映像アーティストとミュージックアーティストとのライブパフォーマンス。そして日曜の夜はクロージングスクリーニングで映画監督を迎えての試写会でした。

フルタイムで働きながら合間の時間とエナジーをこのフェスティバルに注ぎ込んでいた旦那きのこ。嫁きのことして、自分なりに支えて来たつもりです!まりこきのこもこの週末を待ちに待っていました。

ところが。金曜の夜は会社のお別れパーティーが重なってしまい、顔出すだけのつもりが勢いづいてしまい、楽しんでしまい、すっかり遅くなってしまい。。。家の近くについた時は既に終っていて旦那きのこももうすぐ家と言う距離。。。ご、ごめん。。。

その上酔っぱらいきのこは土曜の朝からげろげろ。。。体調悪く、頭はぐるぐる。この日にかぎってママきのことの早朝スカイプを約束していて、ログインのままのせいか、突然iPhoneがなりだしふらふらになりながらテレビ電話。座って話すこともできず、なんだか横になってのスカイプだったのですが、やはり無理と言う事がわかり、中途半端に切断。

旦那きのこもそんな初日から楽しんだせいで二日酔い。起きるに起きれない。大人になれる日はいつでしょう。

少しましになりでも結局起きたのは1時。頭はがんがん。ワイン飲んでたのに日本酒飲んじゃったせいね。

さてさて、そんな話はよし。土日のお昼のフィルムスクリーニングに行く事は出来ませんでしたが、夜はマジカルでした。

場所はカフェオト (Cafe OTO)。とても大人気の場所です。体調もましになり、先に準備に行っていた旦那きのこに忘れ物を渡しに。みんながんばって夜のために準備中。一番右はサリー・ゴーディング (Sally Golding) パフォーマンスアーティストです。

スカルプチャーの二人もセッティング中。右がヴィジュアルアーティストのスカルプチャー (Sculpture)。左は音楽プロデューサーのダン (Dan Hayhurst) 右はアニメーターのルーベン (Reuben Sutherland)

そしてガイ・ショーウィン (Guy Sherwin)と奥さんのリン (Lynn Woo)これらのアーティストたちが活躍です。
今ではすっかりおじさんのガイですが(笑)こんなマジカルな事をやって成功しています。
   

   
残念ながら今回はニューピースということで、これを見る事が出来ませんでしたが、もしかしたら次の企画しているイベントにこれをして出てくれるかもなんです♪
  
特に私がほれたのはこのスカルプチャーと言うユニット。なんてマジカルなんだろう。。。ビクトリアン時代のおもちゃのアイデアを使ったイメージ作成。ぐるぐる回りながら不思議な音楽がミックスされます。

ビデオを撮ったのですが載せ方わかりません。オンラインにこのように出てますが、現場はもっとすごいんです。。。

Polymer from Sculpture on Vimeo.

わくわく通しでした。

最後にがんばったチームで写真を撮って、おひらきです。つかれたー!

日曜日はお昼は映画館で、夜は野外でのスクリーニング。今日は旦那きのこは特に何もしなくてもよいと言う事でだったのですが、それでも忘れ物を持って行ってあげたり、結局する事はあるんですよね。

そして今日はそんな会場の隣でもう一つの大イベントが開かれるんですよー。おやおや、既に人が(笑)ちょっとインタビューしてみましょう。

いやいや、何か深刻そうに語っているのでそっとしておきましょう。

そんなポーズをとられても困るんですけどね。こちらもそっとしておきましょう。

そんな会場を横目に運河沿いを歩き、イベント会場へ。
ハックニーウィック (Hackney Wick) にあるCaltonと言うカフェバーです。お庭が運河沿いでなんとまあ。
そうです、運河を超えればそこはパラリンピックの閉会式が行われる会場。

ドアオープンまでまだまだ時間があるのに既にこんな人の入り用。こりゃ楽しみだあ。

始まる前に腹ごしらえ。

そして始まる前からこんな感じ。

旦那きのこの作品の前で記念撮影。彼がこの淡い色をマニュアルで出しましたっ!

はじまるぞお!旦那きのこがオーガナイザーのスティーブと一緒に作ったトレイラー。平日火曜日の夜にスティーブの家へ行き、朝の4時までがんばって製作&撮影してたよね。次の日も仕事なのに。

Hackney Film Festival 2012 from Hackney Film Festival on Vimeo.

盛り上がってきましたー!

いくつかのショートフィルムが終わり、クライマックスはアンドリュー・コッティング (Andrew Kötting)が作ったスワンダウン (Swandown) と言う映画。ロンドンの南にあるヘスティングス (Hastings) から、イーストロンドンについての本を書いたイアン・シンクレア (Iain Sinclair)とイーストロンドンまでスワン、いわゆるアヒルボートに乗って横断すると言うお話というかドキュメンタリー。スクリーニングの前に二人の挨拶。

「僕らは今から彼方の会場で行われているものがどんなものなのか見に行ってくるよ。」

え?一緒にみないの??閉会式行っちゃうの??(笑)

と言う事で、そんな主役なしで始まったスクリーニング。今まで前を陣とっていたおばさんやおじさんもいなくなり、なるほどイアンと一緒に来たのねえと(笑)確かに後ろを見ると魅力的。

映画の事は、BFIのウェブサイトからイメージが見れます→どうぞ

そして映画が始まり、アヒルがどんどん旅路を進める中、突然、

「ぼーん」

と後ろで音が。おおおおお!!花火だあ!ついに!!
急いでカメラを、と、あふあふしていたら…

がーん。終ってしまった。。。本気の最後なのにこんなたった一発でいいわけ!?
ロンドン、そんなんでいいのか!?この日までがんばって来たんじゃないのか!?

。。。

しっくりこない。。。

そんなはずはない。きっと何か起こるはず。。。もちろんそれからは映画に集中できるわけがなく(笑)後ろをついつい振り返って確認してしまう。

前の女の子もそんな感じ(笑)

すると。。。

おおお?

やったあ!

次から次に発射です。そうだよね、一発のはずがないよね、ロンドンオリンピック♪

いやねえ〜、もう映画どころじゃーないですよ。

あれれ、あちらでも花火!?

なんだか数年前にドイツベルリンで過ごした大晦日のよう。あの夜も12時になるとともに町中のみんなで花火をあげてマジカルでした。

最高〜!ハックニー大好き☆マジカルな夜をありがとう!そしてフェスティバルのためにがんばったみんな、旦那きのこもお疲れさまっ!

マニアな音楽でダンシングクッキング

疲れ気味の日々。先々週の金曜の会社のお別れ会でいわゆる飲みすぎて。。。忙しさにやられ。体力をつけねばと思う日々です。ブログも書く事たくさんあるのに、テンションあがりません。

マニアはダメですか?なかなかマニアソングを紹介出来ないのでここで少しまとめて。。。今日もサイケデリックに、今日も面倒でグリルでソーセージ焼いてじゃがいもマッシュして。ソーセージ&マッシュです。。。
   

   
   

   
   

   
   

   
   

   
   

   
   

   
   

   
   

   
   

   
   

   
   
踊ってよそ見していたらグレービーが溢れそうになりました。。。
   

   
しっかりチカラつけて今週もがんばろう!

主婦できのこ

で何が悪いんですか?職業を1つしか持ってはいけないなんてルールはどこにもございません。
   
これでじゃがいもを洗います。
   

   
毒針はこの針山に休めます。
   

   
いつもいつもいつもブログをのぞいてくださるみなさん、何気に立ち寄ってくださる方々、たまたま見てしまった人々、どうもありがとうございます。
  
就業時間が終わり、帰宅してほっと一息ついているまりこきのこです。今夜、私たちは近所に映画を見に行くそうです。イタリアンがどうのこうのと言ってたなあ。(←うちの映画オタクいわく)ついていけずに寝たらどうしよう。。。
   

  
げげ、なんかきっと恐い映画だ。トイレに行けなくなる。。。夜寝れなかったらどうしよう(涙)

  
   
    

いえい金曜日アゲイ〜ン!

前もそんな事をつぶやいたと思いますが。(←金曜日になるとやけにテンションあがりまくる人)
今週も早かった。忙しすぎた。いよいよお店もオープンです。もちろん会社には内緒です。
週末にオープンしたら書きます。

ビリーデービスかわいすぎる。ショートパンツにロングブーツが素敵。。。
今日もこの曲で一日乗り切るぞ!そしたらアルコール物が待っている。。。

皆さん今週もお疲れさまでした、お酒に飲まれないように☆
   

   

オリンピックときのこ家との距離感 パート2

先日お話をしたオリンピックの開会式。見ましたー!

えっと、今ぞろ目で今年34になるから、きのこ人生の中で8回はオリンピックを経験してるってことですよね?でも実は今までの記憶を辿ってみても、開会式をテレビで見た記憶がないです。。。オリンピックを見た記憶もうっすら。見てるはずなのですが、でもあまり意識していないと言うか、とにかくなんてひどい人間なんでしょう。。。
てなわけで、おさらいも含め、まだ生まれもしない1964年の東京オリンピックの開会式の映像をふと見てみました。
   

       
な、なんという洗練された行進!?縦横並び、足はそろい、無駄が無い!?素晴らしいですね。気持ちがいいですね。
前回の北京オリンピックはどのような感じだったのですか?やはり今回の開会式って、普通じゃなかったんですか??なんせジェームズ・ボンドですもんねえ。なんせ女王パラシュートで登場の巻ですもんねえ。ダニー・ボイル (Danny Boyle) 監督のアイル・オブ・ワンダー (Isles of Wonder)です!旦那きのこ、スーパーで彼を見かけたとか(笑)
   

そんなクイーンさんのお顔がたまにテレビに出た時、彼女はなんだかつれなかった。。。笑顔はなく、具合でも悪いんですか?大丈夫ですか?と言う印象でした。爪を触って下を向いている瞬間の映像などが流れて、つまらなそうにしている。など、ネット上では色々とそんな写真を利用してジョークも書かれていますが。記事を見ると喜んで映画の役を引き受けた事などが書かれてるし。真実は誰にもわかりません。人それぞれの想像のみです。
   
この東京オリンピックの映像を見た旦那きのこいわく、彼女はきっとこう言う、ぴしっとしたのを期待していたんじゃない?きっと今回の演出は異例すぎて時代についていけず困惑して。。。
   
なるほどそうかもしれない。86歳ですもん、あんなたくさんの光線が放たれて、爆音が4時間も流れるところに座ってヒップホップで踊るみんなを眺めて。。。ほんと大変ですよね。。。でもきっと日本の天皇陛下ご夫婦はずっと笑顔なんだろうなと思いましたが。
   
エニウェイ、テレビ見て感動しました。残念ながらまだ全部はYoutubeには出ていないみたいです。イギリスにいらっしゃる方はBBCのウェブサイトから見れるのですが。日本の方、こちらが始まりの部分。BBCからは残念ながらクイーン登場とこの始まりの部分の2つのみです。
   

   
あんなに大勢の人たちがボランティアで仕事の後や週末を利用して練習に励んで出来上がったあの瞬間。素敵でした。ウイリアムブレーク (William Blake) の詩をアイルランド、スコットランド、ウェールズ、そしてイングランドの地のお子たちが歌い、シェークスピア (Shakespeare) と緑で囲まれた素敵なイギリス田園が、産業革命により変化して行くところが始まりで、イギリスの文化をうまく使いながらイギリスの歴史をたどりつつストーリーを進めていく見事な流れ。
   
そしてMr.ビーン登場の部分も発見!指揮者の怒った顔!
   

これからもっといろんなクリップ出てくる事でしょう♪
   
いやー、でもやっぱり女王がパラシュートで降りて来たあの瞬間が一番最高だったと思う!あの演出でどれだけ国民に元気を与えた事か。(←しつこいですよね笑)
   

オリンピックときのこ家との距離間

オリンピックですねー。
こんな事を言うと殴られると思いますが、きのこ家は実はあまり興味がなく。。。近くに住んでいるため、工事だらけの日々に嫌気がさし。。。期間中の通勤はどうなるのだろうと心配で。。。
   
もっと本音を言ってしまうと、会場を建てる事が決まり、自然は破壊され、便利を求めるために歴史的な建物もどんどん取り壊され、街は姿を変えてしまい。家賃も安かったイーストロンドンなのに、どんどん家の値段も上がり(運良く、私たちの大家さんはいい人で家賃の大幅な値上がりはまだないんです!)、この辺で家を買えるのは銀行員などのお金を持った人たちのみ。
   
それでもたまたま住んでいる地域でそんな人生の大イベントが起こるなんて、頻繁にあることではないし、ある意味ラッキーであり、興味深いことです。だからそんな複雑な2つの気持ちがきのこ家にはあります。
  
しかも。。。実は、先週の土曜日にトーチが家の近くを走った事すらも知らず。。。いつものように2人とも家で菌輪活動をしてたんです。確かに、まりこきのこは夕方6時くらいに突然窓からたくさんの拍手と声援を聞いたんです!しかも、
   
「はやくー!逃がしちゃうわよー!」
    
近所の誰かが叫ぶ声も聞こえました。

何か起こってるのねえ。いつものサッカー観戦かしら。
  
これがまりこきのこの反応でした。。。
その後、ビデオを借りに外へ出るとやけに多くのバーケードが道沿いにしてあるんですね。
   
まりこきのこ:「なんかあるのかなあ」
だんなきのこ:「いや、やっぱりオリンピックがもうすぐだからそれに向けて防御も強化するんじゃないかな」
  
で、近所のブラザーズで、(ファミリービジネスの小さいお店。兄弟っぽい二人がいつもいるから私たちはブラザーズと呼んでいます)アイスクリームを買って家へ戻ろうと立ち寄り、
   
ブラザー弟:「今日のトーチ見た?」
きのこズ:「あー!!!」
 
ここで初めてすべてがクリックしたのです。。。知ってます。きのこ家、大変あほです。
   
そんな感じだから昨夜の開会式の話も別に家ではしないので、そんな情報を私は会社で人が話している時にたまたま手に入れて。だんなきのこと話をして、きのこ探検隊を結成し(と言っても私たちふたりぼっちですが)オリンピック会場に、一体どこまで近づく事が出来るのかやってみよう。わくわくの的はずれていますが、そんな金曜の夜のプランを立てました。
   
リーバリー (lee Valley) に運河があるんですね。ひたすら歩くと会場は目の前にあるんです。その運河はたまにのお散歩コースです。あれは今年の春。ひたすら作業に励む工事の人たちを見ながら運河沿いのカフェでお昼を食べたあの日。
  
「終らないよね、まだまだ未完成すぎるよね。ほど遠そうだよね、間に合わないよね。。。」
  
と二人で話していたので、延期にならなかったと言う事は無事に完成したと言う事ですよね(笑)よかったよかった。
   
探検前夕食中に、テレビで飛行機がオリンピック色雲を延ばしながら飛んで行ったあの瞬間。
   
「ごおおお」
   
っとなんとそのテレビの音は現実となり、突然大きくなり、窓をのぞくと何とテレビの中の飛行機のうちの2機が窓から見えるではないかあああ!!ああ〜すごい、事件は現場で起きている(笑)
  

この変な気持ちはロンドン暴動以来です。暴動の一つはこの目の前の通りで起き、すぐそこの角でアナウンサーがしゃべっているのが窓から見え、それがテレビに移っていると言う変な経験をしました。あの時は恐怖心で一杯でしたが、今回はなんだかわくわくしました。
   
きのこ家はとりあえず会場へ向かいました。夕ご飯を済まし、スニーカーを履いてお散歩がてらに。
   
町は静かです。人はあまり外にいません。不気味にヘリコプターがたくさん空を巡回しています。みんなテレビにかじりついているんでしょうか。でも近づくに連れてこの日のために建てられたマンションにはさりげない飾り付け。そして声援が聞こえました。ベランダからも人がでてきたり。

   
運河沿いに停まるボートたちも素敵にデコレートされ、盛り上がっていました。

   
どうやら運河沿いに近づけるのはここまで見たいです。道が塞がっていました。残念ながらカメラを持って来ていなかったので、携帯でのショットです。レーザービーム、スクリーンの色が変化するのが見えました。


 
橋を上ると同じ考えの人たちが張り込んでました(笑)

  
くらげのような飛行船が浮いていました。

  
違う角度から見るために、そして町はどんな感じか見るために、ハックニーウィック (Hackney Wick) の方まで歩いてそこから電車で帰ろうと言う事で再度探検開始。オープンカフェにみんな集まってテレビ見てました。
駅の橋からもきれいに見えました。
   

  
   
アイスとアルコールを買って家に帰り、テレビをつけるとアルファベット”C”の国々が登場している最中でした。”J”を待つこと数十分。おおお!!!
   

   
テンションあがってきました(笑)
   
は、花火も。。。窓からチラリズムではないか!?すごい!!!なんだか森が焼かれているようにも見えるが。。。
   

   

   
開会式の始めは明日オンラインでを見ます(笑)