今更

20130202-094212.jpg

開けて見た旦那きのこにもらったきのこ。昨年のバレンタインのおまけプレゼント。

土曜日目覚めの朝。パジャマミルクティーに甘いものが欲しく、でも戸棚にも何も無く、ふと思いついた未開封のこいつ。開けてみました。。。

20130202-094414.jpg

なんだよー!チョコって言ってたじゃん、旦那きのこ!!!

ラムネかいっ???

ううう。。。チョコ食べたい(涙)

心が晴れた時に見るビジョン

お休みを頂き、つなげた4連休もいよいよ最終日。そして何とまあ、やってくれちゃいました。うれしい、うれしすぎる!!

降ってくれちゃいましたっ!見事に雪三昧。御陰さまでなんだか心も晴れて明日からまたがんばれそうなテンション!

始まりはすっきりした木曜の帰途。でもその瞬間までは暗ーい週だったわけです。なんだか気がのらないと言うか、色々と考え込んでしまう週。

どうしてこんなに難しい人間なんだろう。。。

なんでなんだろう。。。なんでだあ!と問い続ける時間ばかりでなんだか長かった一週間。好きな事して生きてるならばそんな長い一週間は最高!でもそうはいかず、4連休の始まる木曜の夕方を待ち続けた一週間(笑)

どうしてもっと単純に、シンプルに生きる事が出来ないんだろうって、たまに思うんです。「まいっか」で通せばいい事だってある。でもそれをなんで?どうして??と追求しすぎて、自分を追いつめてしまう時もある。もちろん問いつめる事が必要な時だってあるわけですが、こうテンション下がってしまっては大問題です。

でもまーそんな心のうちを会社の同僚兼友人に全部ぶちまけて。心が広い人なのですべてを受け入れてくれ、聞いてくれた。御陰で週末始まる前にそんな心の引っかかりは見事消えました。ありがとう!そんなルンルン気分で電車を降り、家までの5分ルートを歩いていました。前を全く同じ方向にコツコツ歩く女性。こりゃ明らかに同じ道の住人だわ。

すると我が家の一歩手前の門へ。

何と、やっと出会えたお隣さん!?

そうなんです。新居へ引っ越してはや1ヶ月半。お向かいさんと何件か先のおじちゃんには挨拶をして何度か言葉を交わしているものの、肝心な両隣の人たちには一切会う事が無く一ヶ月を過ぎていたんです(笑)

本当に人が住んでいるんだろうか??と言うくらい会わないんです。

「こんばんはー!やっとお会いできましたねー。」
日本で言う挨拶回りと言うのもこちらの国では特にありません。たまたま会ってなんぼです(笑)人によるのかな。

日本人?と聞かれ、すっかり会話が弾んでしまったお隣さん。ブルガリア人のこのおばちゃん、何と数年前まで日本語を習っていたとか。

「息子と日本食屋へ行くんだけど、中国人だったり韓国人だったりでなかなか日本人のいるレストランにあたらなかったのよー」

なんだかいい感じの人そうでよかった。バイバイして家へ入る。うきうきな木曜日のイブニング。

うふふ。なんかすごいぞ。なんだかパズルがうまくはまって行く感じがした。ネガティブな気持ちを置いて来て本当によかった。何となくこの人に今日会えた事には理由があるような気がした。まりこきのこ、ズルズル引きずらず、気持ちを入れ替えてよくぞ帰って来た。君の疑問の答えを一つあげよう。ってね(笑)

金曜日の朝。更なるご褒美が目覚めを待っていた。

210101

雪だあ!!!

窓を開けると白銀の世界。まだまだ手を付けていない何もないお庭も雪のチカラにかかればお見事。

きたーっ!朝からカイロプラクティスの予約が入っていたので、電車に乗り込みそんな白銀の世界へ飛び出す。旦那きのこは家でお仕事。切羽詰まってお仕事(笑)

210102

すごい。たまたま取ったお休みの日に雪が降るなんて。こんな日にオフィスでお仕事なんてごめんだわ〜。素敵すぎる☆

210103

家へ帰りお昼ご飯。煮詰まっていた旦那きのこ。気晴らしにそこのファームに行こう!とカメラを片手にご近所散策。うちの道の突き当たりは公園になっていて、そこを突き抜けると小さいファームがあるのです。

210104

さ、さむそう。。。

210105

なんだかみんな必死です(笑)

210106

210107

寒すぎてカメラが凍ってしまったらしい。かばさんも開いた口が塞がらないらしい。寒さがみんなの行動を狂わせます。

210108

でも寒くてもきのこは相変わらず人のためにがんばっていました。うちの庭に欲しい。。。

210109

それにしても歩いて3分ですよ。都会でファームにそんな短距離で行き着けるなんてすごいです。このファームと公園は家購入の際に魅力的リストの中に入っていました。そしてこれがそんな家訪問の際に訪れた昨年夏模様。

210110

みんななんだか健康的です。

210111

210112

週末に働く優しい彼。そんな彼の名前は聞き忘れたが、子豚の名前はジョージ。

210113

お子たちもうれしそう。

210114

そんな和気あいあいのファームに徒歩3分。自慢せざるをえません!!!

さてさて、現実に戻ればここは白銀世界。土曜日は更に降ると言う事でほろ酔いながら、わくわくしながら床につく。次の日目を覚ますとお見事。

更に降りまくっていた!!わーい!!

お菓子が無くなる。そんな理由で買い物へ出かけるまりこきのこ。旦那きのこが行き詰まってるんですもの。そんな時に食べるお菓子は必需品ですわっ!

210115

210116

またもや電車に乗ってのお出かけ。一つ駅です。誰も足を踏み入れていないこの白銀じゅうたん。踏み入れさせて頂きましたっ!

210117

それにしてもなんという不思議な自然物体なんでしょう。。。

210120

必要品を購入し、駅へ戻る。こちら数時間後の駅の模様。更に積もり、かなーり雪も激しくなっているのがわかります。い、いよいよですか!?!?

210118

駅からの歩き道。おっ!なんと狐が目の前を横切ったんです!!そんな彼女の足跡。わかるわー、誰も通っていない真っ白なところを歩きたくなるあなたの気持ちっ!(笑)この雪の上を歩くぎしっぎしっという音が何とも言えません。いやー、心癒されるー。

210119

すっかりお昼ご飯の事も忘れてしまったまりこきのこ。遅いお昼を済ませ、いよいよ活動に入る。

210121

そうです。雪だるまです!そして何となく雪ボールを壁に投げてみた(笑)

210122

重い頭を抱える度にビデオ編集に切羽詰まっているだんなきのこを呼び寄せ、手伝ってもらう。本当は遊びたい彼。でもプロジェクトの締め切りが迫っていてそれどころではない!

もちろんゆきのこも作りました。本当は100個くらい作りたくて、でも降っている雪の量も半端ではなく、当たりも暗くなって来てしまい、断念。幸せの4つです。

210124

ビー玉で水玉をつけました。

210125

なんだかわけのわからない作品集になってしまったお庭。旦那きのこのプロジェクトも2月初めに終るから、その後にもう一度くらい積もってくれるといいなー。今度はきのこ100個作るぞお〜!

210126

気合いいれていくぞぉ〜!

旅日記フランス編☆3日目@ナンシー

今年中に完結できるか心配なほどスローに進むフランス日記2012。3日目、最後のナンシー滞在になってしまいました。
こんだけ街全体がアール・ヌヴォーを爆発させているこの街にナンシー派美術館 (Musée de l’École de Nancy) があるということで、散歩の目的地をそこに設定し、またふらふらと歩き出しました。

なんだか素敵なお家。。。またもやカーブ続きの美しさ。ガイドブックを開くとなんだか有名なおうちらしい。何という偶然。
   

ジョルジュ・ピエさんと言う建築家さんが自ら手がけた「ジョルジュ・ピエ邸」(Maison de Georges Biet) と書いてあります。そんな遭遇にびっくり!!
  

しっかり観光し、また歩き始めます。
  

目的地に到着しました!
   

ナンシー派のアールヌヴォーな生活感をかいま見る事が出来るこの美術館。(ていうか博物館ではないのか?)優美な曲線がやめられないとまらない状態です。

こんなピアノが似合うお家に住ませてくれる人と結婚したかった(笑)
   

こんな階段をロングのスカートの裾をちょいっと上げながら来客を迎えてみたかった。
   

こんな夢溢れる天井の下でナイフとフォークをカチカチ言わせながらお肉を食べたかった。
   

   
こんな窓から黒猫を抱きながら、子どもが遊ぶ姿を微笑ましく見ていたかった。
   

   
こんなベッドでその日の疲れをいやしたかった。
   

   
全て過去形ですが(笑)理想に生きる女と言うのは本当に恐いです。
   
さてさて、そんな白昼夢なまりこきのこは置いておいて。こんな素敵なイラストの本も展示されていました。実物はもっと夢が広がっているのですが、写真写りの都合により一部のみ。
   

   
そして奥の部屋に入ると。。。なんとまあ。。。
  

    

    
そしてどこまでも並ぶガラス細工。
   

   
後でリンクしたのですが、この美術館は、きのこランプで有名なエミール・ガレ (Émile Gallé) の作品がたくさん展示してありました。彼はナンシー派の中心人物の一人。名前と横文字に弱いまりこきのこです。こんだけの作品を見て感動しておきながら、この美術館が彼と深い関わりがあったなんて知ったのはもちろん旅が終わってから。。。素敵と思った作品の作者名を写真で撮っていました。もちろんそれはガレの名前。。。その時は何も考えずに撮ってるんですよ。なんて中身のない人間。。。
   
でもでもだったらなんであのきのこランプはなかったのでしょう。きのこランプに気がつかないわけはありません。そんなのみたらきっと今日はここに泊まるって言い張ってたと思います。どこかの展示会へ出張していたのでしょうか、もしそうだとしたらとても残念です。。。やはり日頃の行いが悪いと類も友は呼べないのでしょうか(涙)また行く理由が出来ました♪
   

   
ステンドグラスは博物館中に広がり続きます。。。
   

床も壁も模様だらけ。
   

   
フェアリーも飛び出してきそうです。
   

   
館内を舐め回し、今度はお庭の見物。運良く晴天に恵まれわくわくどきどきの探検です!


   
??なんだこの博士がいそうな建物は!?
   

   
見張りのおばちゃん曰く、元々水族館だったとか。わおー。でも今は閉館し、地下に少し水がたまった池のようなものがあるだけ。おばちゃん特別にドアを閉めて素敵なものを見せてくれました。これで熱帯魚とか見たらほんと夜は興奮して寝れません。


   
そんなおばちゃんに、
   
「いいわね、こんな素敵なところで毎日働けるなんて」  
って言ったら、おばちゃんは
   
「まあねえ。」
と声を潜めて
   
「でもねえ、あまりお金もらえないのよお」
と嘆いていました。
  
やはりお国柄は違っても同じ大人です。おばちゃん、夢と現実は違います。お互いがんばりましょう。
   
   
奥へ進むと不思議な建物。なんだか鬼が島の鬼退治に行く時のドアのようです。
   

   
すっかり長居してしまった豪邸とも別れを告げ、更に散歩道をたどります。偶然見つけた素敵なピエさん邸。ガイドブックによるとマジョレル邸と言うルイ・マジョレル (Villa Majorelle) さんの家があると言う事で、そこに目的地を設定しました。そしてまだまだ夢の街は広がります。。。
     

  
見てください、この貝殻のような屋根。
   
 
   
あったー!写真と同じ入り口だわ(笑)あ、奥に見えるのはただの教会ですよ。
  

   
中に入るとお金をとられるようだったので、時間も押していたし、とりあえず一周まわってみようと言う事でただ見学。
   

   

   
何とも言えない豪邸観察に大満足。とりあえず今日の観光は終了です。疲れをいやすために大きいマジパンバージョンのケーキを平らげました。フランスのお菓子は甘いです。でもおいしかったー。
   

   

   
気がつくと夜の写真がありません!!ナンシー最後の夕食と言う事で、テレビでも紹介されていたレクセルシオール (L’Excelsior) と言う、レストランへ行きました。お手頃とか書いてあったけどきのこ家には手がでません!財布とにらめっこしながらドキドキのオーダーです(笑)素敵な内装とお料理に、なんだか夢のようなひとときでした。
  

旅日記フランス編☆2日目@ナンシー

旅日記フランス編☆1日目@ナンシー

主婦できのこ

で何が悪いんですか?職業を1つしか持ってはいけないなんてルールはどこにもございません。
   
これでじゃがいもを洗います。
   

   
毒針はこの針山に休めます。
   

   
いつもいつもいつもブログをのぞいてくださるみなさん、何気に立ち寄ってくださる方々、たまたま見てしまった人々、どうもありがとうございます。
  
就業時間が終わり、帰宅してほっと一息ついているまりこきのこです。今夜、私たちは近所に映画を見に行くそうです。イタリアンがどうのこうのと言ってたなあ。(←うちの映画オタクいわく)ついていけずに寝たらどうしよう。。。
   

  
げげ、なんかきっと恐い映画だ。トイレに行けなくなる。。。夜寝れなかったらどうしよう(涙)

  
   
    

トイレきのこ

日本から弟的友達が来ていて、しかも今回は彼女を連れて来たと言う事で、ロンドン姉としてきちんと会っておこうと思い、一緒にご飯を食べに行きました。
しかも、西の方に滞在しているのに、どうしても連れて行きたかったパブが東にあるために、遠出をさせ、早速二人をこき使うまりこきのこです。
   
The Prince Arthur、ローカルのみぞ知るこのパブ (たぶんね)。雰囲気も食べ物もかなりいい!ウェイターもフレンドリー!ロンドン在住の方はぜひぜひ一度お試しあれ!!
   
イギリス=フィッシュ&チップス。イギリス=パブと言う事で、イギリスが初めての彼女にもってこいの場所。
3人で魚といも、食べました。
   
そんな二人から思いもよらぬプレゼント。そして呼び出しておいて、近所に住むくせに遅れた上に手ぶらのまりこきのこぞろ目33さい。。。なんという大人。。。
    
おおおおおおお、な、なんと!?
   

   
これはすごすぎる。。。と、トイレ用のスリッパ!シルバーで描かれたかわいらしいきのこの舞。。。
   

   
しかもさすが日本製。包装も凝っている。。。
   

   
トイレで履くなんてもったいない。旦那きのこが履いたらせっかくのスリムなボディーが崩れてあいつ型になってしまう。洗礼な寝室専用にしてしまおうか。。。それともガラス棚に大事に閉まっておこうか。。。

パブで悩む乙女きのこ。もう2人のことなんて、そして目の前の魚の事なんて、眼中にありません。。。

きのこ家へ寄ってもらい、アイスクリームを仲良く4人で。ジャズが好きなお2人。当然話は音楽で盛り上がり、旦那きのこもそんな2人好みの音楽を早速選曲。。。
  
すっかりくつろいだ2人。でも明日もまた早いし。そろそろということで。玄関へ。
  
あれれれ???
   
「ねえねえ?ちょっとー、ハンドバッグ、忘れてるわよ〜。」
   
くつろぎすぎた彼女は持って来たハンドバッグをおいて手ぶらで帰途につこうとしていた!本気だあ!!かなりうける!!!(笑)いやね、いいんですよ、うちとしては、全財産置いて行ってくれても(笑)
   
ほんわかカップル。なんか素敵でした。私たちも見習わなきゃ。喧嘩は控えめに。。。か。(絶対無理だ。。。)
   
ありがとう、X雄&Rちゃん!会えてよかったわ!次回は日本で会おう!!
   
   

キッチンきのこ☆02

血のつながりとは素晴らしいものです。ママきのこからこんなものが送られてきました。
   

   
さすが娘きのこの好みをよく知っている。

が、

これ、どこかでみた事があるぞ!?と思い、我が家のキッチンコーナーを掘り出してみる。
    

   
おおお、前回日本に帰った時にきちんと抑えていたきのこグッツとかぶりすぎているではないか!?
   
でもでも色がかぶっていない。と言う事はあの時買っていたのをきちんと覚えての選択なのか!?それともそれともやはり親子ならではのインチュイション!?そんな疑問をスカイプで訪ねると。

「あー、あれは頂いたとよー。そしたら片方がきのこだったけん入れとった〜。」

さすがきのこパワー。行くべき所をよく知っている。。。
   
   

   

キッチンきのこ

今日は、マリキノコレクションの台所用品の一部をご紹介。
  

料理は好きですが、得意でもなく、特に凝ったものは作りません。冷蔵庫にあるもので作るがモットーです。
どんなものが出て来ても文句一つ言わずおいしいと言って食べてくれる旦那きのこにも大感謝です。でもこんなかわいいきのこの器に入れても、どうしても納豆は無理みたいです。同じ菌類なのに。
   

 
でもやっぱり、作る事よりも、おいしいケーキを食べれるお茶の時間のほうが大好きです。
せっかく手に入れたこの70年代のきのこポット。残念ながら飾りとしてしか使えないのですが、見ているだけでも幸せまりこきのこです。