初出展!

名残惜しい我ら日本を離れ、先々週末に無事ロンドンへ到着しました。

話す事は山ほどありますが、体と頭がまだついて行きません。そこで今日は取り急ぎ、宣伝だけさせてください!

友達と立ち上げたビンテージウエディングのお店。御陰さまでとても順調に進んでおります!ありがとうございます。
http://www.belleinwonderland.com/

さて、今週末にフェアーに初出展することになりました。
http://www.amostcuriousweddingfair.co.uk/find-us-london-fair/
http://www.belleinwonderland.com/125

most curious 88x125 London only

入場料は無料ではないのですが。。。もしたまたまドレス購入を考えている方はぜひ色々なお店が出ているのでお立ち寄りください!

そして日本より帰国し、ちょっぴりホームシックな日々。もちろん旦那きのこはいますがそれとこれとは別です!
そんなブルーな気持ちを一転して笑わせてくれたこのベルインの相方のブログ日記。
http://www.belleinwonderland.com/blog/archives/874

以前彼女はロンドン日記をずっとブログでやっていて、それを久しぶりに見て抜き出した私たちの一面。いやいや、うけたうけた。

とにかく週末に専念します!!少し早いですが、皆さんも素敵な週末をお過ごしくださ〜い♪

Advertisements

遅いながらも巳年おめでとうございます。。。

あけましておめでとうございます!

大変遅いスタートを切ってしまいました。

みなさんはどんなお正月過ごされたのでしょう?寝正月ですか?それとも早くから初日の出ですか?神社へお参りですか?それともねらいの福袋をゲットするために行列へ参加ですか?

こちらはクリスマスに長いおやすみを頂き、いつもより早くクリスマス前の週末に旦那きのこの実家へ。しっかり自然の力を頂いてきました。
011301

011302

011303

ここ数年毎年の大雨で洪水の被害にやられる地域があります。ここもその一つ。川沿いの道が水浸しで交通止めになっていました。川はこんなに高くなっていました。
011304

甥っ子きのこもすっかり見ない間にこんなに大きくなってしまって。最近のブームは恐竜だそうです。恐竜を見ると「ガオー!」と言ってきます。そんな今年のクリスマスプレゼントはもちろん恐竜グッツ。
011305
  
  
23日の夜に無事に帰宅。

クリスマスイブはおやすみ中冬眠するために、食品の買い出しと新居の箱の山の整理。そしてクリスマスには旦那きのこにお料理してもらい。まりこきのこはモルドワインについほろ酔い、焦げてしまったケーキの修正に時間を費やし。クリスマスランチと言えど、やっと食卓に着いたのは6時半。
でもこんなに素敵なクリスマスの食卓を迎えました!
結局まだ紹介しきれていない去年のフランスへの旅。モエ・エ・シャンドンのセラーへ見学へ行った時に購入したとっておきの一本。この日のために。。。あける前から大興奮です。
011306

旦那きのこの作ったスパイシービーフウェリントンと焦げ目を取る方に時間がかかってしまったまりこきのこのイチゴのショートケーキ。どうしてもこのケーキが食べたかった。。。
011307

詳しくはこちらの食べ物ブログでどうぞです。

友達のもらったふくろうのソーラーライト。もう一組の友達に誕生日にもらってた双子のソーラーライトと既に意気投合です。
011308

まったり映画を見て。ぬくぬくと過ごしました。

26日ボクシングデイは映画を見に。ハックニーまでバスでお出かけ。ピクチャーハウスです。

The Hobbitを見に行きました。3Dグラスを強制購入。でももって帰っていいとか。これからはマイグラスで3Dです。

帰りは数ヶ月前に改装したずっとずっと気になっていたパブへやっとこさ。雰囲気最高で、新居の壁のペンキの色のアイデア、頂きましたっ!
011309

011310

蕎麦レッスンは前回のブログでご紹介した通り。そんなおそばを大晦日に頂き、ドラマーの友達アレックスのバンドとDJっぷりを見に近場で静かに大晦日を過ごす事に。
バンドはかっこよかったー。

011311

カウントダウンはみんなバラバラ(笑)ま、いっか。

011312

結局どんどん音楽がポップな感じへ移動してしまい、何となく移動する事に。かなりの雨。早く家に帰ろう!そして好きな音楽を聴きながら過ごしました。

元旦はそんな大晦日とは逆転、晴天でした。すごい。早速近所へお散歩へ。気持ちいい!今年もいいことありそうじゃーん。

011313

011314

011315

おなかがすいたので、新年の朝ご飯。最初に行ったパブは満員。と言う事でもう一つのパブへ。イングリッシュブレックファーストです。
011316

きのこもうれしそうだったので、二つ並べてみました。
011317

毎年干支にちなんできのこ年賀状を作るのですが、今年はおくれまくってしまい、今更なので、そのうちポートフォリオへアップします。。。ヘビさがうまくでらずにもたもたしていました。丑年からずっと初めていて、がんばって12干支きのこを作ろうと思っています。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げますっ!

まりこきのこ

マジカルなHFF夜

先々週末は旦那きのこも企画に参加し、がんばっていたハックニーフィルムフェスティバル (HFF) がいよいよ開催されました。
金曜の夜にオープニングのイベント。土曜と日曜のお昼にスクリーニングがあり、土曜の夜は映像アーティストとミュージックアーティストとのライブパフォーマンス。そして日曜の夜はクロージングスクリーニングで映画監督を迎えての試写会でした。

フルタイムで働きながら合間の時間とエナジーをこのフェスティバルに注ぎ込んでいた旦那きのこ。嫁きのことして、自分なりに支えて来たつもりです!まりこきのこもこの週末を待ちに待っていました。

ところが。金曜の夜は会社のお別れパーティーが重なってしまい、顔出すだけのつもりが勢いづいてしまい、楽しんでしまい、すっかり遅くなってしまい。。。家の近くについた時は既に終っていて旦那きのこももうすぐ家と言う距離。。。ご、ごめん。。。

その上酔っぱらいきのこは土曜の朝からげろげろ。。。体調悪く、頭はぐるぐる。この日にかぎってママきのことの早朝スカイプを約束していて、ログインのままのせいか、突然iPhoneがなりだしふらふらになりながらテレビ電話。座って話すこともできず、なんだか横になってのスカイプだったのですが、やはり無理と言う事がわかり、中途半端に切断。

旦那きのこもそんな初日から楽しんだせいで二日酔い。起きるに起きれない。大人になれる日はいつでしょう。

少しましになりでも結局起きたのは1時。頭はがんがん。ワイン飲んでたのに日本酒飲んじゃったせいね。

さてさて、そんな話はよし。土日のお昼のフィルムスクリーニングに行く事は出来ませんでしたが、夜はマジカルでした。

場所はカフェオト (Cafe OTO)。とても大人気の場所です。体調もましになり、先に準備に行っていた旦那きのこに忘れ物を渡しに。みんながんばって夜のために準備中。一番右はサリー・ゴーディング (Sally Golding) パフォーマンスアーティストです。

スカルプチャーの二人もセッティング中。右がヴィジュアルアーティストのスカルプチャー (Sculpture)。左は音楽プロデューサーのダン (Dan Hayhurst) 右はアニメーターのルーベン (Reuben Sutherland)

そしてガイ・ショーウィン (Guy Sherwin)と奥さんのリン (Lynn Woo)これらのアーティストたちが活躍です。
今ではすっかりおじさんのガイですが(笑)こんなマジカルな事をやって成功しています。
   

   
残念ながら今回はニューピースということで、これを見る事が出来ませんでしたが、もしかしたら次の企画しているイベントにこれをして出てくれるかもなんです♪
  
特に私がほれたのはこのスカルプチャーと言うユニット。なんてマジカルなんだろう。。。ビクトリアン時代のおもちゃのアイデアを使ったイメージ作成。ぐるぐる回りながら不思議な音楽がミックスされます。

ビデオを撮ったのですが載せ方わかりません。オンラインにこのように出てますが、現場はもっとすごいんです。。。

Polymer from Sculpture on Vimeo.

わくわく通しでした。

最後にがんばったチームで写真を撮って、おひらきです。つかれたー!

日曜日はお昼は映画館で、夜は野外でのスクリーニング。今日は旦那きのこは特に何もしなくてもよいと言う事でだったのですが、それでも忘れ物を持って行ってあげたり、結局する事はあるんですよね。

そして今日はそんな会場の隣でもう一つの大イベントが開かれるんですよー。おやおや、既に人が(笑)ちょっとインタビューしてみましょう。

いやいや、何か深刻そうに語っているのでそっとしておきましょう。

そんなポーズをとられても困るんですけどね。こちらもそっとしておきましょう。

そんな会場を横目に運河沿いを歩き、イベント会場へ。
ハックニーウィック (Hackney Wick) にあるCaltonと言うカフェバーです。お庭が運河沿いでなんとまあ。
そうです、運河を超えればそこはパラリンピックの閉会式が行われる会場。

ドアオープンまでまだまだ時間があるのに既にこんな人の入り用。こりゃ楽しみだあ。

始まる前に腹ごしらえ。

そして始まる前からこんな感じ。

旦那きのこの作品の前で記念撮影。彼がこの淡い色をマニュアルで出しましたっ!

はじまるぞお!旦那きのこがオーガナイザーのスティーブと一緒に作ったトレイラー。平日火曜日の夜にスティーブの家へ行き、朝の4時までがんばって製作&撮影してたよね。次の日も仕事なのに。

Hackney Film Festival 2012 from Hackney Film Festival on Vimeo.

盛り上がってきましたー!

いくつかのショートフィルムが終わり、クライマックスはアンドリュー・コッティング (Andrew Kötting)が作ったスワンダウン (Swandown) と言う映画。ロンドンの南にあるヘスティングス (Hastings) から、イーストロンドンについての本を書いたイアン・シンクレア (Iain Sinclair)とイーストロンドンまでスワン、いわゆるアヒルボートに乗って横断すると言うお話というかドキュメンタリー。スクリーニングの前に二人の挨拶。

「僕らは今から彼方の会場で行われているものがどんなものなのか見に行ってくるよ。」

え?一緒にみないの??閉会式行っちゃうの??(笑)

と言う事で、そんな主役なしで始まったスクリーニング。今まで前を陣とっていたおばさんやおじさんもいなくなり、なるほどイアンと一緒に来たのねえと(笑)確かに後ろを見ると魅力的。

映画の事は、BFIのウェブサイトからイメージが見れます→どうぞ

そして映画が始まり、アヒルがどんどん旅路を進める中、突然、

「ぼーん」

と後ろで音が。おおおおお!!花火だあ!ついに!!
急いでカメラを、と、あふあふしていたら…

がーん。終ってしまった。。。本気の最後なのにこんなたった一発でいいわけ!?
ロンドン、そんなんでいいのか!?この日までがんばって来たんじゃないのか!?

。。。

しっくりこない。。。

そんなはずはない。きっと何か起こるはず。。。もちろんそれからは映画に集中できるわけがなく(笑)後ろをついつい振り返って確認してしまう。

前の女の子もそんな感じ(笑)

すると。。。

おおお?

やったあ!

次から次に発射です。そうだよね、一発のはずがないよね、ロンドンオリンピック♪

いやねえ〜、もう映画どころじゃーないですよ。

あれれ、あちらでも花火!?

なんだか数年前にドイツベルリンで過ごした大晦日のよう。あの夜も12時になるとともに町中のみんなで花火をあげてマジカルでした。

最高〜!ハックニー大好き☆マジカルな夜をありがとう!そしてフェスティバルのためにがんばったみんな、旦那きのこもお疲れさまっ!

オリンピックときのこ家との距離感 パート2

先日お話をしたオリンピックの開会式。見ましたー!

えっと、今ぞろ目で今年34になるから、きのこ人生の中で8回はオリンピックを経験してるってことですよね?でも実は今までの記憶を辿ってみても、開会式をテレビで見た記憶がないです。。。オリンピックを見た記憶もうっすら。見てるはずなのですが、でもあまり意識していないと言うか、とにかくなんてひどい人間なんでしょう。。。
てなわけで、おさらいも含め、まだ生まれもしない1964年の東京オリンピックの開会式の映像をふと見てみました。
   

       
な、なんという洗練された行進!?縦横並び、足はそろい、無駄が無い!?素晴らしいですね。気持ちがいいですね。
前回の北京オリンピックはどのような感じだったのですか?やはり今回の開会式って、普通じゃなかったんですか??なんせジェームズ・ボンドですもんねえ。なんせ女王パラシュートで登場の巻ですもんねえ。ダニー・ボイル (Danny Boyle) 監督のアイル・オブ・ワンダー (Isles of Wonder)です!旦那きのこ、スーパーで彼を見かけたとか(笑)
   

そんなクイーンさんのお顔がたまにテレビに出た時、彼女はなんだかつれなかった。。。笑顔はなく、具合でも悪いんですか?大丈夫ですか?と言う印象でした。爪を触って下を向いている瞬間の映像などが流れて、つまらなそうにしている。など、ネット上では色々とそんな写真を利用してジョークも書かれていますが。記事を見ると喜んで映画の役を引き受けた事などが書かれてるし。真実は誰にもわかりません。人それぞれの想像のみです。
   
この東京オリンピックの映像を見た旦那きのこいわく、彼女はきっとこう言う、ぴしっとしたのを期待していたんじゃない?きっと今回の演出は異例すぎて時代についていけず困惑して。。。
   
なるほどそうかもしれない。86歳ですもん、あんなたくさんの光線が放たれて、爆音が4時間も流れるところに座ってヒップホップで踊るみんなを眺めて。。。ほんと大変ですよね。。。でもきっと日本の天皇陛下ご夫婦はずっと笑顔なんだろうなと思いましたが。
   
エニウェイ、テレビ見て感動しました。残念ながらまだ全部はYoutubeには出ていないみたいです。イギリスにいらっしゃる方はBBCのウェブサイトから見れるのですが。日本の方、こちらが始まりの部分。BBCからは残念ながらクイーン登場とこの始まりの部分の2つのみです。
   

   
あんなに大勢の人たちがボランティアで仕事の後や週末を利用して練習に励んで出来上がったあの瞬間。素敵でした。ウイリアムブレーク (William Blake) の詩をアイルランド、スコットランド、ウェールズ、そしてイングランドの地のお子たちが歌い、シェークスピア (Shakespeare) と緑で囲まれた素敵なイギリス田園が、産業革命により変化して行くところが始まりで、イギリスの文化をうまく使いながらイギリスの歴史をたどりつつストーリーを進めていく見事な流れ。
   
そしてMr.ビーン登場の部分も発見!指揮者の怒った顔!
   

これからもっといろんなクリップ出てくる事でしょう♪
   
いやー、でもやっぱり女王がパラシュートで降りて来たあの瞬間が一番最高だったと思う!あの演出でどれだけ国民に元気を与えた事か。(←しつこいですよね笑)
   

オリンピックときのこ家との距離間

オリンピックですねー。
こんな事を言うと殴られると思いますが、きのこ家は実はあまり興味がなく。。。近くに住んでいるため、工事だらけの日々に嫌気がさし。。。期間中の通勤はどうなるのだろうと心配で。。。
   
もっと本音を言ってしまうと、会場を建てる事が決まり、自然は破壊され、便利を求めるために歴史的な建物もどんどん取り壊され、街は姿を変えてしまい。家賃も安かったイーストロンドンなのに、どんどん家の値段も上がり(運良く、私たちの大家さんはいい人で家賃の大幅な値上がりはまだないんです!)、この辺で家を買えるのは銀行員などのお金を持った人たちのみ。
   
それでもたまたま住んでいる地域でそんな人生の大イベントが起こるなんて、頻繁にあることではないし、ある意味ラッキーであり、興味深いことです。だからそんな複雑な2つの気持ちがきのこ家にはあります。
  
しかも。。。実は、先週の土曜日にトーチが家の近くを走った事すらも知らず。。。いつものように2人とも家で菌輪活動をしてたんです。確かに、まりこきのこは夕方6時くらいに突然窓からたくさんの拍手と声援を聞いたんです!しかも、
   
「はやくー!逃がしちゃうわよー!」
    
近所の誰かが叫ぶ声も聞こえました。

何か起こってるのねえ。いつものサッカー観戦かしら。
  
これがまりこきのこの反応でした。。。
その後、ビデオを借りに外へ出るとやけに多くのバーケードが道沿いにしてあるんですね。
   
まりこきのこ:「なんかあるのかなあ」
だんなきのこ:「いや、やっぱりオリンピックがもうすぐだからそれに向けて防御も強化するんじゃないかな」
  
で、近所のブラザーズで、(ファミリービジネスの小さいお店。兄弟っぽい二人がいつもいるから私たちはブラザーズと呼んでいます)アイスクリームを買って家へ戻ろうと立ち寄り、
   
ブラザー弟:「今日のトーチ見た?」
きのこズ:「あー!!!」
 
ここで初めてすべてがクリックしたのです。。。知ってます。きのこ家、大変あほです。
   
そんな感じだから昨夜の開会式の話も別に家ではしないので、そんな情報を私は会社で人が話している時にたまたま手に入れて。だんなきのこと話をして、きのこ探検隊を結成し(と言っても私たちふたりぼっちですが)オリンピック会場に、一体どこまで近づく事が出来るのかやってみよう。わくわくの的はずれていますが、そんな金曜の夜のプランを立てました。
   
リーバリー (lee Valley) に運河があるんですね。ひたすら歩くと会場は目の前にあるんです。その運河はたまにのお散歩コースです。あれは今年の春。ひたすら作業に励む工事の人たちを見ながら運河沿いのカフェでお昼を食べたあの日。
  
「終らないよね、まだまだ未完成すぎるよね。ほど遠そうだよね、間に合わないよね。。。」
  
と二人で話していたので、延期にならなかったと言う事は無事に完成したと言う事ですよね(笑)よかったよかった。
   
探検前夕食中に、テレビで飛行機がオリンピック色雲を延ばしながら飛んで行ったあの瞬間。
   
「ごおおお」
   
っとなんとそのテレビの音は現実となり、突然大きくなり、窓をのぞくと何とテレビの中の飛行機のうちの2機が窓から見えるではないかあああ!!ああ〜すごい、事件は現場で起きている(笑)
  

この変な気持ちはロンドン暴動以来です。暴動の一つはこの目の前の通りで起き、すぐそこの角でアナウンサーがしゃべっているのが窓から見え、それがテレビに移っていると言う変な経験をしました。あの時は恐怖心で一杯でしたが、今回はなんだかわくわくしました。
   
きのこ家はとりあえず会場へ向かいました。夕ご飯を済まし、スニーカーを履いてお散歩がてらに。
   
町は静かです。人はあまり外にいません。不気味にヘリコプターがたくさん空を巡回しています。みんなテレビにかじりついているんでしょうか。でも近づくに連れてこの日のために建てられたマンションにはさりげない飾り付け。そして声援が聞こえました。ベランダからも人がでてきたり。

   
運河沿いに停まるボートたちも素敵にデコレートされ、盛り上がっていました。

   
どうやら運河沿いに近づけるのはここまで見たいです。道が塞がっていました。残念ながらカメラを持って来ていなかったので、携帯でのショットです。レーザービーム、スクリーンの色が変化するのが見えました。


 
橋を上ると同じ考えの人たちが張り込んでました(笑)

  
くらげのような飛行船が浮いていました。

  
違う角度から見るために、そして町はどんな感じか見るために、ハックニーウィック (Hackney Wick) の方まで歩いてそこから電車で帰ろうと言う事で再度探検開始。オープンカフェにみんな集まってテレビ見てました。
駅の橋からもきれいに見えました。
   

  
   
アイスとアルコールを買って家に帰り、テレビをつけるとアルファベット”C”の国々が登場している最中でした。”J”を待つこと数十分。おおお!!!
   

   
テンションあがってきました(笑)
   
は、花火も。。。窓からチラリズムではないか!?すごい!!!なんだか森が焼かれているようにも見えるが。。。
   

   

   
開会式の始めは明日オンラインでを見ます(笑)
   
   

ダイヤモンドジュビリー

雨な一日。旦那きのこがおばさんの結婚式で実家に帰って一人ぼっちの週末でした。すっかりYoutubeにおちてしまい、夜は終りました。王女が60年間がんばってくれた御陰でラッキーなお休み。4連休です。街はダイヤモンド、イギリス色でした。

そんな連休を利用して3日有給を足して明日からおフランスへ行って参ります。旦那きのこの誕生日ウイークなんです。

なのでそんなイギリス色、街風景は来週アップします。

ジュビリーとは全く関係ないのですが、ポップアップビンテージショップのお知らせがあり、家の近くでオープンだったので、帰りによってみました。

その際の収穫の一つ☆
  
Untitled
  
1960年代ものでしょうか、それとも70年代でしょうか。なんと5ポンド。そしてサイズも見た瞬間にぴったりだとわかりました。
  
  
なんとも仲良さそうにならんでいます。
  
Untitled
   
金曜日に会社で嫌な事があり、なかなか週末になっても頭の切り替えが出来ず。ほら、なんか考えちゃうんですよね、そんで頭をぐるぐるあの人が言った事がまわってるんです(笑)でもそれもきのこに会えたおかげでどっか行っちゃった〜。よかったー、そんなぐるぐるをフランスにまで持って行きたくないですもん。
  
あ、後旦那きのこがバンドのシングルラウンチパーティーの時にライトショーをやったので、その模様も来週ですね。

ではではみなさん、よい一週間を〜、また来週♪
  
  

  

冬の春

今日月曜日はイギリスお休みです。メイディです。
 
土曜日の夜は私たちの住むハックニーで行われるハックニーフィルムフェスティバルのイベントがあったので行ってきました。ランドオブキングス (Land of Kings)と言うイベントで、なんと、ビルの屋上で行われました。
  
最近ロンドンはとても寒いです。本当に夏は来るのか?と心配です。中には夏は終った。と、あきらめている人もいると思います。そのくらい寒いんです。
  
この日はビルの屋上という事で、私の持っている中で一番暖かいfaux fur coat、いわゆる偽物毛皮のコートを来て行きました。そう、真冬並です。本来ならば暖かいはずの5月。もちろんそれを想定してのイベントなのでオーガナイザーは歯がゆいことでしょう。。。それでもたくさんの人が集まり、バーもあり、ビーガンカフェの屋台もあり、両手に抱えながら映画鑑賞をしました。
  

  
そう、何の疑いもなくみんなニット帽をかぶっています。

  
天井にはプロジェクターで映された映像が。

  
オーガナイザーのスティーブ。陽気なオーストラリア人です。

  
旦那きのこはバーでお買い物。

  
ビーガンカフェのみんな。目が白らんらんで恐そうだけど、とてもフレンドリーでいい人たちです。(私の撮影のせいだ、ごめん。。。)

  
  
いろいろなアーティストたちのショートフィルムです。笑いあり、意味わからんのあり、毛布にくるまりながら、ビールを飲みながら、みんな楽しんでいました。面白かったので一つご紹介します。
素敵な家族の写真撮影のはずが、蓋を開けるとどんどん出てくる表面には見えない裏側。カメラマンもとうとうどうにも出来ず、どうしたかと言うと。。。何とも言えない表情がうけます。  
    

A Family Portrait from Joseph Pierce on Vimeo.

  
    
雨も降り始め、これ以上無理だ!という事でビルの中へ一旦避難。中はとても暖かいんです。
  

  
  
映画の後はバンドが出て、オイルを使ったライトショーを背景にみんな踊りまくりました。

  

  

   
旦那きのこもこの技を取り入れようと計画中。

  

  
  
野菜も育てているようです。やっぱりルーフガーデン素敵!

  

  

  
イチゴも早く真っ赤になりたいわよねえ。。。