心が晴れた時に見るビジョン

お休みを頂き、つなげた4連休もいよいよ最終日。そして何とまあ、やってくれちゃいました。うれしい、うれしすぎる!!

降ってくれちゃいましたっ!見事に雪三昧。御陰さまでなんだか心も晴れて明日からまたがんばれそうなテンション!

始まりはすっきりした木曜の帰途。でもその瞬間までは暗ーい週だったわけです。なんだか気がのらないと言うか、色々と考え込んでしまう週。

どうしてこんなに難しい人間なんだろう。。。

なんでなんだろう。。。なんでだあ!と問い続ける時間ばかりでなんだか長かった一週間。好きな事して生きてるならばそんな長い一週間は最高!でもそうはいかず、4連休の始まる木曜の夕方を待ち続けた一週間(笑)

どうしてもっと単純に、シンプルに生きる事が出来ないんだろうって、たまに思うんです。「まいっか」で通せばいい事だってある。でもそれをなんで?どうして??と追求しすぎて、自分を追いつめてしまう時もある。もちろん問いつめる事が必要な時だってあるわけですが、こうテンション下がってしまっては大問題です。

でもまーそんな心のうちを会社の同僚兼友人に全部ぶちまけて。心が広い人なのですべてを受け入れてくれ、聞いてくれた。御陰で週末始まる前にそんな心の引っかかりは見事消えました。ありがとう!そんなルンルン気分で電車を降り、家までの5分ルートを歩いていました。前を全く同じ方向にコツコツ歩く女性。こりゃ明らかに同じ道の住人だわ。

すると我が家の一歩手前の門へ。

何と、やっと出会えたお隣さん!?

そうなんです。新居へ引っ越してはや1ヶ月半。お向かいさんと何件か先のおじちゃんには挨拶をして何度か言葉を交わしているものの、肝心な両隣の人たちには一切会う事が無く一ヶ月を過ぎていたんです(笑)

本当に人が住んでいるんだろうか??と言うくらい会わないんです。

「こんばんはー!やっとお会いできましたねー。」
日本で言う挨拶回りと言うのもこちらの国では特にありません。たまたま会ってなんぼです(笑)人によるのかな。

日本人?と聞かれ、すっかり会話が弾んでしまったお隣さん。ブルガリア人のこのおばちゃん、何と数年前まで日本語を習っていたとか。

「息子と日本食屋へ行くんだけど、中国人だったり韓国人だったりでなかなか日本人のいるレストランにあたらなかったのよー」

なんだかいい感じの人そうでよかった。バイバイして家へ入る。うきうきな木曜日のイブニング。

うふふ。なんかすごいぞ。なんだかパズルがうまくはまって行く感じがした。ネガティブな気持ちを置いて来て本当によかった。何となくこの人に今日会えた事には理由があるような気がした。まりこきのこ、ズルズル引きずらず、気持ちを入れ替えてよくぞ帰って来た。君の疑問の答えを一つあげよう。ってね(笑)

金曜日の朝。更なるご褒美が目覚めを待っていた。

210101

雪だあ!!!

窓を開けると白銀の世界。まだまだ手を付けていない何もないお庭も雪のチカラにかかればお見事。

きたーっ!朝からカイロプラクティスの予約が入っていたので、電車に乗り込みそんな白銀の世界へ飛び出す。旦那きのこは家でお仕事。切羽詰まってお仕事(笑)

210102

すごい。たまたま取ったお休みの日に雪が降るなんて。こんな日にオフィスでお仕事なんてごめんだわ〜。素敵すぎる☆

210103

家へ帰りお昼ご飯。煮詰まっていた旦那きのこ。気晴らしにそこのファームに行こう!とカメラを片手にご近所散策。うちの道の突き当たりは公園になっていて、そこを突き抜けると小さいファームがあるのです。

210104

さ、さむそう。。。

210105

なんだかみんな必死です(笑)

210106

210107

寒すぎてカメラが凍ってしまったらしい。かばさんも開いた口が塞がらないらしい。寒さがみんなの行動を狂わせます。

210108

でも寒くてもきのこは相変わらず人のためにがんばっていました。うちの庭に欲しい。。。

210109

それにしても歩いて3分ですよ。都会でファームにそんな短距離で行き着けるなんてすごいです。このファームと公園は家購入の際に魅力的リストの中に入っていました。そしてこれがそんな家訪問の際に訪れた昨年夏模様。

210110

みんななんだか健康的です。

210111

210112

週末に働く優しい彼。そんな彼の名前は聞き忘れたが、子豚の名前はジョージ。

210113

お子たちもうれしそう。

210114

そんな和気あいあいのファームに徒歩3分。自慢せざるをえません!!!

さてさて、現実に戻ればここは白銀世界。土曜日は更に降ると言う事でほろ酔いながら、わくわくしながら床につく。次の日目を覚ますとお見事。

更に降りまくっていた!!わーい!!

お菓子が無くなる。そんな理由で買い物へ出かけるまりこきのこ。旦那きのこが行き詰まってるんですもの。そんな時に食べるお菓子は必需品ですわっ!

210115

210116

またもや電車に乗ってのお出かけ。一つ駅です。誰も足を踏み入れていないこの白銀じゅうたん。踏み入れさせて頂きましたっ!

210117

それにしてもなんという不思議な自然物体なんでしょう。。。

210120

必要品を購入し、駅へ戻る。こちら数時間後の駅の模様。更に積もり、かなーり雪も激しくなっているのがわかります。い、いよいよですか!?!?

210118

駅からの歩き道。おっ!なんと狐が目の前を横切ったんです!!そんな彼女の足跡。わかるわー、誰も通っていない真っ白なところを歩きたくなるあなたの気持ちっ!(笑)この雪の上を歩くぎしっぎしっという音が何とも言えません。いやー、心癒されるー。

210119

すっかりお昼ご飯の事も忘れてしまったまりこきのこ。遅いお昼を済ませ、いよいよ活動に入る。

210121

そうです。雪だるまです!そして何となく雪ボールを壁に投げてみた(笑)

210122

重い頭を抱える度にビデオ編集に切羽詰まっているだんなきのこを呼び寄せ、手伝ってもらう。本当は遊びたい彼。でもプロジェクトの締め切りが迫っていてそれどころではない!

もちろんゆきのこも作りました。本当は100個くらい作りたくて、でも降っている雪の量も半端ではなく、当たりも暗くなって来てしまい、断念。幸せの4つです。

210124

ビー玉で水玉をつけました。

210125

なんだかわけのわからない作品集になってしまったお庭。旦那きのこのプロジェクトも2月初めに終るから、その後にもう一度くらい積もってくれるといいなー。今度はきのこ100個作るぞお〜!

210126

気合いいれていくぞぉ〜!

Advertisements

遅いながらも巳年おめでとうございます。。。

あけましておめでとうございます!

大変遅いスタートを切ってしまいました。

みなさんはどんなお正月過ごされたのでしょう?寝正月ですか?それとも早くから初日の出ですか?神社へお参りですか?それともねらいの福袋をゲットするために行列へ参加ですか?

こちらはクリスマスに長いおやすみを頂き、いつもより早くクリスマス前の週末に旦那きのこの実家へ。しっかり自然の力を頂いてきました。
011301

011302

011303

ここ数年毎年の大雨で洪水の被害にやられる地域があります。ここもその一つ。川沿いの道が水浸しで交通止めになっていました。川はこんなに高くなっていました。
011304

甥っ子きのこもすっかり見ない間にこんなに大きくなってしまって。最近のブームは恐竜だそうです。恐竜を見ると「ガオー!」と言ってきます。そんな今年のクリスマスプレゼントはもちろん恐竜グッツ。
011305
  
  
23日の夜に無事に帰宅。

クリスマスイブはおやすみ中冬眠するために、食品の買い出しと新居の箱の山の整理。そしてクリスマスには旦那きのこにお料理してもらい。まりこきのこはモルドワインについほろ酔い、焦げてしまったケーキの修正に時間を費やし。クリスマスランチと言えど、やっと食卓に着いたのは6時半。
でもこんなに素敵なクリスマスの食卓を迎えました!
結局まだ紹介しきれていない去年のフランスへの旅。モエ・エ・シャンドンのセラーへ見学へ行った時に購入したとっておきの一本。この日のために。。。あける前から大興奮です。
011306

旦那きのこの作ったスパイシービーフウェリントンと焦げ目を取る方に時間がかかってしまったまりこきのこのイチゴのショートケーキ。どうしてもこのケーキが食べたかった。。。
011307

詳しくはこちらの食べ物ブログでどうぞです。

友達のもらったふくろうのソーラーライト。もう一組の友達に誕生日にもらってた双子のソーラーライトと既に意気投合です。
011308

まったり映画を見て。ぬくぬくと過ごしました。

26日ボクシングデイは映画を見に。ハックニーまでバスでお出かけ。ピクチャーハウスです。

The Hobbitを見に行きました。3Dグラスを強制購入。でももって帰っていいとか。これからはマイグラスで3Dです。

帰りは数ヶ月前に改装したずっとずっと気になっていたパブへやっとこさ。雰囲気最高で、新居の壁のペンキの色のアイデア、頂きましたっ!
011309

011310

蕎麦レッスンは前回のブログでご紹介した通り。そんなおそばを大晦日に頂き、ドラマーの友達アレックスのバンドとDJっぷりを見に近場で静かに大晦日を過ごす事に。
バンドはかっこよかったー。

011311

カウントダウンはみんなバラバラ(笑)ま、いっか。

011312

結局どんどん音楽がポップな感じへ移動してしまい、何となく移動する事に。かなりの雨。早く家に帰ろう!そして好きな音楽を聴きながら過ごしました。

元旦はそんな大晦日とは逆転、晴天でした。すごい。早速近所へお散歩へ。気持ちいい!今年もいいことありそうじゃーん。

011313

011314

011315

おなかがすいたので、新年の朝ご飯。最初に行ったパブは満員。と言う事でもう一つのパブへ。イングリッシュブレックファーストです。
011316

きのこもうれしそうだったので、二つ並べてみました。
011317

毎年干支にちなんできのこ年賀状を作るのですが、今年はおくれまくってしまい、今更なので、そのうちポートフォリオへアップします。。。ヘビさがうまくでらずにもたもたしていました。丑年からずっと初めていて、がんばって12干支きのこを作ろうと思っています。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げますっ!

まりこきのこ

旅日記フランス編☆3日目@ナンシー

今年中に完結できるか心配なほどスローに進むフランス日記2012。3日目、最後のナンシー滞在になってしまいました。
こんだけ街全体がアール・ヌヴォーを爆発させているこの街にナンシー派美術館 (Musée de l’École de Nancy) があるということで、散歩の目的地をそこに設定し、またふらふらと歩き出しました。

なんだか素敵なお家。。。またもやカーブ続きの美しさ。ガイドブックを開くとなんだか有名なおうちらしい。何という偶然。
   

ジョルジュ・ピエさんと言う建築家さんが自ら手がけた「ジョルジュ・ピエ邸」(Maison de Georges Biet) と書いてあります。そんな遭遇にびっくり!!
  

しっかり観光し、また歩き始めます。
  

目的地に到着しました!
   

ナンシー派のアールヌヴォーな生活感をかいま見る事が出来るこの美術館。(ていうか博物館ではないのか?)優美な曲線がやめられないとまらない状態です。

こんなピアノが似合うお家に住ませてくれる人と結婚したかった(笑)
   

こんな階段をロングのスカートの裾をちょいっと上げながら来客を迎えてみたかった。
   

こんな夢溢れる天井の下でナイフとフォークをカチカチ言わせながらお肉を食べたかった。
   

   
こんな窓から黒猫を抱きながら、子どもが遊ぶ姿を微笑ましく見ていたかった。
   

   
こんなベッドでその日の疲れをいやしたかった。
   

   
全て過去形ですが(笑)理想に生きる女と言うのは本当に恐いです。
   
さてさて、そんな白昼夢なまりこきのこは置いておいて。こんな素敵なイラストの本も展示されていました。実物はもっと夢が広がっているのですが、写真写りの都合により一部のみ。
   

   
そして奥の部屋に入ると。。。なんとまあ。。。
  

    

    
そしてどこまでも並ぶガラス細工。
   

   
後でリンクしたのですが、この美術館は、きのこランプで有名なエミール・ガレ (Émile Gallé) の作品がたくさん展示してありました。彼はナンシー派の中心人物の一人。名前と横文字に弱いまりこきのこです。こんだけの作品を見て感動しておきながら、この美術館が彼と深い関わりがあったなんて知ったのはもちろん旅が終わってから。。。素敵と思った作品の作者名を写真で撮っていました。もちろんそれはガレの名前。。。その時は何も考えずに撮ってるんですよ。なんて中身のない人間。。。
   
でもでもだったらなんであのきのこランプはなかったのでしょう。きのこランプに気がつかないわけはありません。そんなのみたらきっと今日はここに泊まるって言い張ってたと思います。どこかの展示会へ出張していたのでしょうか、もしそうだとしたらとても残念です。。。やはり日頃の行いが悪いと類も友は呼べないのでしょうか(涙)また行く理由が出来ました♪
   

   
ステンドグラスは博物館中に広がり続きます。。。
   

床も壁も模様だらけ。
   

   
フェアリーも飛び出してきそうです。
   

   
館内を舐め回し、今度はお庭の見物。運良く晴天に恵まれわくわくどきどきの探検です!


   
??なんだこの博士がいそうな建物は!?
   

   
見張りのおばちゃん曰く、元々水族館だったとか。わおー。でも今は閉館し、地下に少し水がたまった池のようなものがあるだけ。おばちゃん特別にドアを閉めて素敵なものを見せてくれました。これで熱帯魚とか見たらほんと夜は興奮して寝れません。


   
そんなおばちゃんに、
   
「いいわね、こんな素敵なところで毎日働けるなんて」  
って言ったら、おばちゃんは
   
「まあねえ。」
と声を潜めて
   
「でもねえ、あまりお金もらえないのよお」
と嘆いていました。
  
やはりお国柄は違っても同じ大人です。おばちゃん、夢と現実は違います。お互いがんばりましょう。
   
   
奥へ進むと不思議な建物。なんだか鬼が島の鬼退治に行く時のドアのようです。
   

   
すっかり長居してしまった豪邸とも別れを告げ、更に散歩道をたどります。偶然見つけた素敵なピエさん邸。ガイドブックによるとマジョレル邸と言うルイ・マジョレル (Villa Majorelle) さんの家があると言う事で、そこに目的地を設定しました。そしてまだまだ夢の街は広がります。。。
     

  
見てください、この貝殻のような屋根。
   
 
   
あったー!写真と同じ入り口だわ(笑)あ、奥に見えるのはただの教会ですよ。
  

   
中に入るとお金をとられるようだったので、時間も押していたし、とりあえず一周まわってみようと言う事でただ見学。
   

   

   
何とも言えない豪邸観察に大満足。とりあえず今日の観光は終了です。疲れをいやすために大きいマジパンバージョンのケーキを平らげました。フランスのお菓子は甘いです。でもおいしかったー。
   

   

   
気がつくと夜の写真がありません!!ナンシー最後の夕食と言う事で、テレビでも紹介されていたレクセルシオール (L’Excelsior) と言う、レストランへ行きました。お手頃とか書いてあったけどきのこ家には手がでません!財布とにらめっこしながらドキドキのオーダーです(笑)素敵な内装とお料理に、なんだか夢のようなひとときでした。
  

旅日記フランス編☆2日目@ナンシー

旅日記フランス編☆1日目@ナンシー

ご近所散策 ティータイム

夏のバンクホリデーも終わり、いよいよ短い夏も終ってしまいました。。。なんだか腱鞘炎のようで右腕の調子がよくないのですが、パソコンから離れられないのです。。。左手を使うよう意識してます。両腕効きにならないかしら♪

数ヶ月前に出来たカフェに数週間前にお茶をしに行ってきました。ハックニーセントラル (Hackney Central) 駅の近くのモーニングレーン(morning lane) と言う道にあるブリューフォ−2 (Brew for Two)と言うところです。そこから数秒歩いたところにレールロードカフェ (Rail road cafe)と言うのがあり、いつもはそっちへ行っていたのですが、こちら気になりお邪魔しました。

気になっていて先月末だんなきのこの活動しているハックニーフィルムフェスティバル(HFF)のポスターを貼る時、このカフェの事を思い出して、行ってみたんです。おいしそうなケーキが並んでいて、この日はポスターを貼るだけの時間しかなく、いつかケーキ食べに行こうと言う事で終ったので、戻ってきました!

この日は天気もよかったので外の席に座ろうと言うことになり、出てみると誰もいない。ラッキー。自分の庭のようにくつろげる(笑)
   

    
オーナーはトルコ人だとか。とても丁寧にお庭作りされています。
   

    
なんかこんな庭を作りたい!全て手作り。。。まりこきのこの夢がまた膨らむひとときです。このおもちゃが欲しい。。。
   

おっとっと。肝心なケーキの写真とるの忘れてた!!ほぼ食べてますが、こんな感じ。いつものハーフハーフで二つの味を楽しみました。一つはアーモンドとチェリーでもう一つはポピーシードとベリー。すみません、記憶が曖昧です。普通でない組み合わせでした。
   

音楽も私たち好みで、なんだか気になる言語でのサイケデリック。ハーフコリアンというアルバイトの子が選曲するこれらは韓国のサイケデリックでした。素敵♪このコンピレーションはいろいろな国のサイケデリックをまとめています。アジア版は持っていないので買ってみよう!この曲も流れてました。
   
  

DJしてるって言えばよかったねー。そしたらきっと音楽の話で盛り上がったよねー。
   
ま、いいや。また行く理由ができた。

ご近所散策 ランチへゴー!

週末家に閉じこもってひたすら仕事。旦那きのこはもうすぐ始まるハックニーフィルムフェスティバル (HFF) の準備で大忙し。まりこきのこもなんだかあふあふ状態。そんな一日は少しでも外に出ないと頭が爆発してしまうので、近くのカフェまでランチに出る事に。
   
またもや現れたカフェ。行ってみたいと気になっていたのでそこに決定。ブリキを利用したカフェ制作。なるほろ。
   

   
窓際のカウンターはなんだか刑務所にいるみたい(笑)でもそれが面白かったりもする。雨が降りこんできたので、中の空いた席へ移動。
   

   
この古い感じが素敵。木の椅子の下にゴロゴロが着いた収納台が入っている。このアイデア頂き〜!
   

   
私たちはいつも違うものを二つ頼んでハーフハーフにするのです。一度で二度おいしい。チェダーチーズとピクルスのサンドイッチが先に来て、こちらのグリルされたチョリソを待っている間に食べてしまいました。チョリソ赤だし、赤ピーマンより黄色の方が色がきれいなのでは!と思いながら。
   

   

古い建物をそのまま活かしたカフェ作り。いいなあ。
      

   
音楽も私たちに合っていて緩やかな時間が流れた日曜の午後でした。

旅日記フランス編☆2日目@ナンシー

今回の旅の目的は、観光はもちろんでも疲れた体を癒すと言う目的。数年前にドイツへ行った時に、詰め込みすぎてなんだか毎日せっせせっせと観光地をまわった日々。結果、毎日あーだこーだと喧嘩の日々。それに学んで私たちには一カ所に数日滞在し、気の向くままにふらりふらりの旅の方が合っているんだなと。

朝はだらだらと起きたい時に起きて。気の向くままに行動。雨ぽつぽつだった初日とは違い晴天に恵まれた2日目。朝ご飯を求めていざ出陣!
   
0501
   
0502
   
旦那きのこ、持ってきたダイアナカメラでせっせと写真撮影。
   
0503
   
カリエール広場を抜けた所にマーケットとガイドブックに書いてあったので、そこでバゲット買って晴天の下で食べてもいいよねえとその場所へ行ってみたものの、残念ながら平日にはやってないみたいで何もなし。
カリエール広場の表にいる天使のはず?でも私にはこき使われて目が回ったお魚に乗っておてもやん踊ってるお子に見えてしまう。。。
   
0504
   
    
気を取り直し、カフェ散策!
   
0505
   
町がかわいい!
   
0506
    
待ちくたびれたのねえ。やっぱり田舎はいい!ご主人、きっと犬を連れて来た事すら忘れて楽しいゆらりのひとときをたのしんでるんだわ。
   
0507
   

結局立ちよりたいカフェが見つからず、ホテルを挟んで反対側もぶらぶらしたかったので、パン屋さんでバゲット買ってとりあえずホテルで食べようと言う事に(笑)

おなかもいっぱい、線路を超えて今度は反対側へ。
  
0508
   
フランスと言えばマカロン。ごめんねママきのこ。日本に送るにはちょっと「ふれじゃいる」すぎるので、写真でガマンして(笑)
   
0509
   
とにかく一昔前にタイムスリップしたかのような町並。道を歩くだけでもうストレス大発散。こんな家に普通にみんな住んでるなんて信じられない。。。
   
0510
  
0511
   
0512
   
ナンシー人はみんな日常的に普通にこんなドアを開けてあの中に入って行くんだわ。。。(←ジェラシー)
   
0513
   
0514
   
0515
      
見てください。この女性的素敵なカーブ。アールヌヴォー万歳!
   
0517
   
今回ホテル選びは失敗だったんですよねえ。予約ぎりぎりすぎて、選択肢が残っていませんでした。駅から近く、便利はいいんですが。いっその事、こんな看板のホテルに泊まってタイムスリップしたかった。。。
   
0519
   
0520
   
地図を見ると近くに公園があるらしく、癒されに緑を求めてさまよいます。。。

なんて素敵な色なんでしょう。と思って食べると毒ぶどうだったりするんですかねえ(笑)
   
0521
   
広場では学校の授業でお子たちが楽しく先生とアクティブしてました。かわいい!みんなルールがわかってなくて。多分ボールを持って走っちゃダメなのについ普通走ってる女の子。それを見て先生が笛を吹きながら追いかけて(笑)ボールが飛びすぎて変なところに行ったり。いろいろなハプニング、見てて楽しい。
   
0522
   
0523
   
旦那きのこ、太陽の下でアイスコーヒーが飲みたくなり、公園の中にある売店兼カフェらしきところへ。素敵なレトロメリーゴーランドがありました。動いていなくて残念。
   
0525
   
0526
   
コーヒー片手にベンチへ。でも開けてみると。。。またまた旦那きのこのフランス語で出て来たのはコーヒーフローズン!写真、ストローがまっすぐ突き刺さってるのわかります?確かに雪結晶マークが。あはは、残念。でも甘くておいしくって私はどんどん食い荒らしてゆく。。。(笑)
   
0527
   
おてんとさんとシュガーに恵まれ、非常にご機嫌なまりこきのこ。 
   
0524
    
ディナー前にスタニスラス広場で写真を撮りたいとの事で、またホテルを超えて反対側へ戻る。なんでも中世期の旧市街と、16世紀から17世紀にかけての新市街の統一のために設計された都市計画の中心がこの広場だそう。
   
0528
   
ロココ様式の金と黒の鉄柵や門構えが繊細で、そして太陽の光を反射します。 
   
0529
   
0530
   
0531
   
0532
   
オープンカフェで一休みして、オープンバーで食事前の一杯。夕ご飯は迷いに迷い、シーフードのフレンチレストランへ。そしてホテルへもどりました。そんな日の最後に写っていた謎の一枚。
これは一体どこのトイレだろう。もちろん私ではないです、撮ったのは(笑)
   
0533
   
   
旅日記フランス編☆1日目@ナンシー
   
   

オリンピックときのこ家との距離間

オリンピックですねー。
こんな事を言うと殴られると思いますが、きのこ家は実はあまり興味がなく。。。近くに住んでいるため、工事だらけの日々に嫌気がさし。。。期間中の通勤はどうなるのだろうと心配で。。。
   
もっと本音を言ってしまうと、会場を建てる事が決まり、自然は破壊され、便利を求めるために歴史的な建物もどんどん取り壊され、街は姿を変えてしまい。家賃も安かったイーストロンドンなのに、どんどん家の値段も上がり(運良く、私たちの大家さんはいい人で家賃の大幅な値上がりはまだないんです!)、この辺で家を買えるのは銀行員などのお金を持った人たちのみ。
   
それでもたまたま住んでいる地域でそんな人生の大イベントが起こるなんて、頻繁にあることではないし、ある意味ラッキーであり、興味深いことです。だからそんな複雑な2つの気持ちがきのこ家にはあります。
  
しかも。。。実は、先週の土曜日にトーチが家の近くを走った事すらも知らず。。。いつものように2人とも家で菌輪活動をしてたんです。確かに、まりこきのこは夕方6時くらいに突然窓からたくさんの拍手と声援を聞いたんです!しかも、
   
「はやくー!逃がしちゃうわよー!」
    
近所の誰かが叫ぶ声も聞こえました。

何か起こってるのねえ。いつものサッカー観戦かしら。
  
これがまりこきのこの反応でした。。。
その後、ビデオを借りに外へ出るとやけに多くのバーケードが道沿いにしてあるんですね。
   
まりこきのこ:「なんかあるのかなあ」
だんなきのこ:「いや、やっぱりオリンピックがもうすぐだからそれに向けて防御も強化するんじゃないかな」
  
で、近所のブラザーズで、(ファミリービジネスの小さいお店。兄弟っぽい二人がいつもいるから私たちはブラザーズと呼んでいます)アイスクリームを買って家へ戻ろうと立ち寄り、
   
ブラザー弟:「今日のトーチ見た?」
きのこズ:「あー!!!」
 
ここで初めてすべてがクリックしたのです。。。知ってます。きのこ家、大変あほです。
   
そんな感じだから昨夜の開会式の話も別に家ではしないので、そんな情報を私は会社で人が話している時にたまたま手に入れて。だんなきのこと話をして、きのこ探検隊を結成し(と言っても私たちふたりぼっちですが)オリンピック会場に、一体どこまで近づく事が出来るのかやってみよう。わくわくの的はずれていますが、そんな金曜の夜のプランを立てました。
   
リーバリー (lee Valley) に運河があるんですね。ひたすら歩くと会場は目の前にあるんです。その運河はたまにのお散歩コースです。あれは今年の春。ひたすら作業に励む工事の人たちを見ながら運河沿いのカフェでお昼を食べたあの日。
  
「終らないよね、まだまだ未完成すぎるよね。ほど遠そうだよね、間に合わないよね。。。」
  
と二人で話していたので、延期にならなかったと言う事は無事に完成したと言う事ですよね(笑)よかったよかった。
   
探検前夕食中に、テレビで飛行機がオリンピック色雲を延ばしながら飛んで行ったあの瞬間。
   
「ごおおお」
   
っとなんとそのテレビの音は現実となり、突然大きくなり、窓をのぞくと何とテレビの中の飛行機のうちの2機が窓から見えるではないかあああ!!ああ〜すごい、事件は現場で起きている(笑)
  

この変な気持ちはロンドン暴動以来です。暴動の一つはこの目の前の通りで起き、すぐそこの角でアナウンサーがしゃべっているのが窓から見え、それがテレビに移っていると言う変な経験をしました。あの時は恐怖心で一杯でしたが、今回はなんだかわくわくしました。
   
きのこ家はとりあえず会場へ向かいました。夕ご飯を済まし、スニーカーを履いてお散歩がてらに。
   
町は静かです。人はあまり外にいません。不気味にヘリコプターがたくさん空を巡回しています。みんなテレビにかじりついているんでしょうか。でも近づくに連れてこの日のために建てられたマンションにはさりげない飾り付け。そして声援が聞こえました。ベランダからも人がでてきたり。

   
運河沿いに停まるボートたちも素敵にデコレートされ、盛り上がっていました。

   
どうやら運河沿いに近づけるのはここまで見たいです。道が塞がっていました。残念ながらカメラを持って来ていなかったので、携帯でのショットです。レーザービーム、スクリーンの色が変化するのが見えました。


 
橋を上ると同じ考えの人たちが張り込んでました(笑)

  
くらげのような飛行船が浮いていました。

  
違う角度から見るために、そして町はどんな感じか見るために、ハックニーウィック (Hackney Wick) の方まで歩いてそこから電車で帰ろうと言う事で再度探検開始。オープンカフェにみんな集まってテレビ見てました。
駅の橋からもきれいに見えました。
   

  
   
アイスとアルコールを買って家に帰り、テレビをつけるとアルファベット”C”の国々が登場している最中でした。”J”を待つこと数十分。おおお!!!
   

   
テンションあがってきました(笑)
   
は、花火も。。。窓からチラリズムではないか!?すごい!!!なんだか森が焼かれているようにも見えるが。。。
   

   

   
開会式の始めは明日オンラインでを見ます(笑)