トイレきのこ

日本から弟的友達が来ていて、しかも今回は彼女を連れて来たと言う事で、ロンドン姉としてきちんと会っておこうと思い、一緒にご飯を食べに行きました。
しかも、西の方に滞在しているのに、どうしても連れて行きたかったパブが東にあるために、遠出をさせ、早速二人をこき使うまりこきのこです。
   
The Prince Arthur、ローカルのみぞ知るこのパブ (たぶんね)。雰囲気も食べ物もかなりいい!ウェイターもフレンドリー!ロンドン在住の方はぜひぜひ一度お試しあれ!!
   
イギリス=フィッシュ&チップス。イギリス=パブと言う事で、イギリスが初めての彼女にもってこいの場所。
3人で魚といも、食べました。
   
そんな二人から思いもよらぬプレゼント。そして呼び出しておいて、近所に住むくせに遅れた上に手ぶらのまりこきのこぞろ目33さい。。。なんという大人。。。
    
おおおおおおお、な、なんと!?
   

   
これはすごすぎる。。。と、トイレ用のスリッパ!シルバーで描かれたかわいらしいきのこの舞。。。
   

   
しかもさすが日本製。包装も凝っている。。。
   

   
トイレで履くなんてもったいない。旦那きのこが履いたらせっかくのスリムなボディーが崩れてあいつ型になってしまう。洗礼な寝室専用にしてしまおうか。。。それともガラス棚に大事に閉まっておこうか。。。

パブで悩む乙女きのこ。もう2人のことなんて、そして目の前の魚の事なんて、眼中にありません。。。

きのこ家へ寄ってもらい、アイスクリームを仲良く4人で。ジャズが好きなお2人。当然話は音楽で盛り上がり、旦那きのこもそんな2人好みの音楽を早速選曲。。。
  
すっかりくつろいだ2人。でも明日もまた早いし。そろそろということで。玄関へ。
  
あれれれ???
   
「ねえねえ?ちょっとー、ハンドバッグ、忘れてるわよ〜。」
   
くつろぎすぎた彼女は持って来たハンドバッグをおいて手ぶらで帰途につこうとしていた!本気だあ!!かなりうける!!!(笑)いやね、いいんですよ、うちとしては、全財産置いて行ってくれても(笑)
   
ほんわかカップル。なんか素敵でした。私たちも見習わなきゃ。喧嘩は控えめに。。。か。(絶対無理だ。。。)
   
ありがとう、X雄&Rちゃん!会えてよかったわ!次回は日本で会おう!!
   
   

じじきのこ

今日はきのこ家のお話、じじきのこのこと話したいです。

まりこきのこは大変おじいちゃん子でした。
  
Untitled
  

中学生の時に亡くなったのですが、その時初めて身近な家族の死を経験しました。記憶があまりないのですが、入院していた事は知っていたけど、そんなにひどい事は知らされてなかったような気がします。輸血の際にC型肝炎になり、薬を飲まずに最後は肝硬変で亡くなったそうです。なんだか私にとっては突然いなくなったと言う感じでした。
  
    
じじきのこは学校の先生でした。母曰く、父として大変厳しい人だったとか。
  
Untitled
  
退職してからは今はなき古家のお庭になんだか寺小屋のようなものがあり、そこで習字教室を開いてました。私も弟も一時通っていたのですが、残念ながら今となっては大変字は下手です(笑)
  
趣味でテニスをしていました。
     
Untitled
  
客室にはたくさんのトロフィーが飾ってありました。
  
Untitled
  
俳句もやってました。何度かホトトギスに載りました。
  
Untitled
  
これは中村汀女のことを歌った俳句、佳作作品とばばきのことのショットです。素敵な一枚です。蘇嵐はおじいちゃんの俳句名。阿蘇生まれなので阿蘇の蘇が入っています。もしきのこ家にお子が生まれたら蘇菌でしょうか(笑)嘘です、ごめんなさい。日本名は蘇嵐てつけたいな。
  
  
昔の家は大変土地が広く、お庭に貸家が2つありました。
  
Untitled
  
Untitled
    
お庭の写真は手元にないのですが、池もあり、三角に鯉を買いに行ったのを覚えています。ばばきのこのおばさんの家が隣につながっており、そちらの庭には小さい畑とみかんやゆず、はっさくにきんかんに柿の木や栗の木、そしてデパートで買えば一玉3000円は当たり前のバンペーユなどの果物の木がありました。

桜の木もあり、自衛隊官舎と壁越しだったので、壁越しに並んでいる桜の木が満開になる春はお庭でお花見でした。その分毛虫が色々なところにいました。モグラの穴もたくさんありました。秋は枯れ葉を燃やして焼き芋。

今思えばそんな環境で育った私と弟はラッキーです。

話がそれて自慢話になってしまいましたが(笑)じじきのこのお庭は彼のがらくたでたくさんでした。私の物集め癖は絶対彼から来ています。DIYが大好きだった彼は、いらなくなった木の板や棒、鉄板、鉄の棒、とにかく何かに使えるだろう精神で集め続けました。その御陰でまりこきのこはお庭の木の枝にちょっとななめったブランコを作ってもらいましたし、ぐらぐらする一か八か鉄棒も作ってもらいました。タイヤを半分埋めた大変低すぎる跳び箱もありました。

じじきのことは、よく散歩にもでかけました。とにかく歩いて歩きまくるお散歩。彼が行くテニスコートに連れてってもらった事もあったし、新築の家を考えたのか、突然マイホーム展示場へ連れて行ってくれた事もありました。当時は床暖房なんて大金持ちのもので、2階の上にもう一つ階段があるなんて夢のまた夢で。そんな展示ホームに入った時はじじきのこに「この家がいいよ!」と強く推薦し、その日の夢にまで出て来たのを覚えてます。
   
      
しいたけ栽培を始め、初しいたけの収穫に大変満足な笑みのじじきのこ
  
Untitled
  
そうそう、じじきのこは肥後もっこすにも関わらず、馬刺を一切食べませんでした。何でも戦争中、危ないところを馬に助けられたとか。その御陰で生きているとか。そして私は午年。パパきのこはもと乗馬部。そしてスエーデンの伝統工芸、ダーラへストは馬。でも私は馬刺大好きです。。。(ゴメンねお馬さん。。。)
   
  
孫悟空になってみたじじきのこと、そんな姿を見て熊と一緒に笑いが止まらないばばきのこ
  
Untitled

そんなおじいちゃんとの思い出をいつか絵本にできればと思っています。いつかってだめですね。ちゃんと日程を組み立てないと!

  
そうそう、これはおじいちゃんが先生をしていた時に熊本教育委員会から贈呈されたかばんです。重いんですがイギリスまで持ってきました。大事に使っています。
  
Untitled
    
Untitled

  
  
   
なんか大人になってからもっとおじいちゃんとお話したかったなあ。会いたいなあ。と、ちょっとセンチメンタルになってしまった久々の一人ぼっちでの週末でした。
  
  
  

行き場のないだるまたち

今日はチリコンカーンでした。
  

20120513-221214.jpg
  
でも冷蔵庫にある野菜をどばっと入れるので、普通とは違うのでしょう。しかも私、いつもチリを買ってくるのを忘れるんですよね。だからコンカーンなんです(笑)
  
  
七味をとりあえず旦那に渡す。。。これでチリコンカンにしてくれって、主婦失格ですか???
  
  
そんな食卓風景を横で見られてるのが気になる今日この頃。って言っても目はまだないんですけどね。
  

20120513-220910.jpg
  
3月に日本へ帰国した時に購入しただるまたちです。飾る場所がまだ見つからず、食卓の上に転がっている状態。そして必死に船に乗ろうとするが人数が多すぎてみんな載りきれない状態。。。
  
わざわざ福岡へショッピングへ行ったのに、熊本にもあるFrancfrancでわざわざ買い物をしてしまった母と私。まだやっているのかはわかりませんが、このようなプロジェクトを見つけ、速攻だるま買いです。もちろん全色購入です。我が家には達成したい願いは3つ以上です。(笑)
  
でもせっかくだから、ちゃんと座ってどの色に何を願おう、と悩みたい。そうなるとなかなか左目をいれる時間がとれず、5月になった今でも全員が白目状態。6月の旦那きのこの誕生日までには入れたいな〜。
  
  
  

薮の中の黒猫

大雨の毎日。。。Heavy load に行こうと友達に誘われたのですが、先週末の結婚式からの疲れもあり、引きこもりの週末になりました。

DVDを見ようと言うことになりこちら、

「薮の中の黒猫」をみました。うちの映画おたく(←自称)の彼が購入して以来ずっーとDVD棚に封をされたまま、鑑賞の機会がなかなかなく。やっとパッケージより出てまいりました!

1968年に新藤兼人監督によって製作された幻想時代劇?ホラー?映画。雨月物語を思わせる何とも切ないゴーストラブストーリー。見る前にあらすじを知りたい方はこちらをクリック。

今年100歳になられた監督。2010年には一枚のハガキという映画で日本最高齢の現役映画監督として大活躍、すごいエナジーだ!

こちらが当時のトレーラー。とても美しい作品なのでぜひ機会があればご覧になってください!